2017の忘年会ネタ6選

今年(2017年)もやってきました忘年会シーズン。忘年会の余興タイムの出し物で悩んでいるあなたに、忘年会ネタの材料を提供します。

忘年会 ネタ

2017年度の忘年会ネタ。それは時代の流行を映す鏡ともいえます(ニュース、芸人など)さて、今年はどのような忘年会ネタがあるのでしょうか。


2017年の余興や出し物に使える忘年会ネタ

ピコ太郎でPPAPを踊る

余興のネタで笑いをとれる?・・・★★★☆☆

2016年に登場したピコ太郎は、今や説明不要なほど話題になりました。ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)は世界的にも有名なダンス(?)となりました。2017年後半になると陰が薄くなった感じがありますが、忘年会ネタとしては破壊力のあるネタです。

ピコ太郎に扮するには次のものが必要です。

  • パンチのズラ、ヤクザ風グラサン、金色のシャツとスラックス、豹柄のストール
  • ダンスの練習。
  • 1曲があまりにも短いので余興を考える。
意外とウケるかも。

恋ダンスを踊る

余興のネタで笑いをとれる?・・・★★★☆☆

「恋ダンス」は逃げるは恥だが役に立つの主題歌(恋:星野源さんの曲)で使われたダンスで、ユーチューブでも話題になりました。すでに多くの人がダンスカバーして親しまれた踊りですが、2017年の締めとして「恋ダンス」を踊るのも悪くないですね。

ちょっと練習が必要かも。

トランプ大統領の物まね

余興のネタで笑いをとれる?・・・★★☆☆☆

歴代アメリカ大統領のなかで一番の過激なプレジデントといえるドナルド・トランプ大統領です。北朝鮮問題など問題山積の大統領ですが、金髪のカツラとスーツと赤いネクタイがあればトランプになりきれます。演じる上で欠かせないセリフは次の通りです。

  • Make America Great Again(アメリカを再び偉大にしよう)
  • You’re fired!(お前はクビだ!)
うーん、あとは言葉が汚すぎて書けません!

ブルゾンちえみの物まね

余興のネタで笑いをとれる?・・・★★★★☆

2017年の年始に「ぐるナイ」でキャリアウーマンネタで話題になったブルゾンちえみです。いまやCMなど引っ張りダコの存在になってます。ブルゾンちえみを忘年会ネタで演じるなら次のアイテムが必要です。

  • カツラと独特なメイク。
  • イケメン二人
  • Austin Mahoneの「Dirty Work」
これは忘年会ネタの定番かもね。

トルコ塩振り王子

余興のネタで笑いをとれる?・・・★☆☆☆☆

2月に話題になったセクシーに塩を振るトルコ人シェフを忘年会ネタで披露しましょう。日本でもSNSで拡散されて話題になりました。覚えてませんか。トルコ塩振り王子を演じるには以下のアイテムが必要です。

  • グラサン&Tシャツとジーパン
  • コショウとピザ※肉の代わり。

ただ芸としては数秒で終わるのでスベる可能性があります。

うーん、微妙だね。

政治をネタにする

余興のネタで笑いをとれる?・・・★★★★☆

ある意味、今年(2017年)も様々なネタを提供してくれた政治ですが、これを忘年会の余興ネタに加えて出し物にします。様式はどうでもいいです。会社や家庭であった出来事を政治のネタを織り交ぜて出し物にするのです。

  • 忖度
  • 神風が吹いた
  • 長州の武士
  • 森友・加計
  • 数々の失言
  • ゲス不倫
  • このハゲー
ひょっとしたら壮大にスベるかも。

まとめ

2017年の忘年会ネタで一番笑いを取れそうなのは「トランプ」でした。※どうですかね。変装グッズも100均一で手に入れたグッズで簡単に作れるので、忘年会で笑いをとりましょう。