アドベントカレンダーを手作り【100均】作り方を考える

クリスマス(12月25日)までのカウントダウンに欠かせないアドベントカレンダー

アドベントカレンダー 作り方

アドベントカレンダーはクリスマス風にアレンジされたカレンダーです。クリスマスまでの残り日数を確認しながら、カレンダーの日にちに設けられた扉(袋)を開けるとお菓子が出てくる仕組みになってます。

子供が喜んでカレンダーの確認をするよね。

今回はアドベントカレンダーを手作りしたいのですが、100均一のアイテムでどのようなアドベントカレンダーが作れるのか調査しました。

こんなカレンダーがある

  • 収納ボックス型(引き出しにお菓子を収納してある。段ボールから木製まで)
  • 壁に釣り下げ型(壁に菓子袋をピン止め)
  • ツリーに釣り下げ型(ツリーの木に菓子袋を吊るす)

アドベントカレンダーはプロアマ問わず作品例が多いのですが、100均一の材料でそこそこ簡単に作れそうなものを考えてみました。

スポンサーリンク

100均で作れるアドベントカレンダー

100均の折り紙で作るアドベントカレンダー

100円ショップには様々な柄の折り紙が販売されています。折り紙でお菓子を入れる袋を作れるほか、クリスマス飾りでアレンジすることもできますね。

三角パック(お菓子をラッピング)

折り紙で三角パックを作る動画を紹介します。折り紙ですが簡単に作れそうですよ。飴のお菓子かチロルチョコが1個入るくらいのスペースです。

三角パックの上に麻紐つけると、吊り下げできるね。

持ち手付きのミニ紙袋

折り紙で持ち手付き紙袋を作る動画を紹介します。こちらのお菓子袋がお洒落ですね。

そこそこ底に厚みがあるので小さいお菓子や飴が入るかも

クリスマス飾りの各種オーナメント

すでに定番ですが折り紙でクリスマス飾りを作ります。色々なオーナメントが作れますね。

クリスマス飾りの定番

  • ぷっくり星
  • 簡単なツリー
  • サンタのブーツ
  • サンタの顔
  • リースなど

参考クリスマスの折り紙|おりがみくらぶ

折り紙アドベントカレンダーと相性のよい素材

100均のコルクボード。DIYでお馴染みですよね。コルクボードをベースに折り紙のクリスマスグッズで飾りつけたら感じ良さそうです。

100均の画用紙で作るアドベントカレンダー

クリスマスのベースカラーは緑と赤です。最初にクリスマスカラーの画用紙を購入しましょう。さて・・・どのようなアドベントカレンダーを作るかですが。もともとカレンダーは画用紙やペーパークラフトで作例がたくさんありますが、アドベントカレンダーはお菓子袋を設ける必要があります。次のように考えました。

作案

  • カレンダー型(ポスターベースでクリスマス装飾、菓子袋をつける)
  • ツリー型(画用紙でツリー風に構成し、菓子袋をつける)

カレンダー型はそのまま画用紙(A3?)で作れるのに対し、ツリー型は自由度がありますね。

うーん、ツリー型が面白そうだな。

お菓子袋は画用紙で作る

画用紙でお菓子が入るボックスを作ります。

  • カレンダー型・・・画用紙で作ったお菓子ボックス(四角形)をA3ポスターベースに貼り付ける。
  • ツリー型・・・カレンダーの数字部分が菓子袋になる。紙コップにしても面白い。

クリスマス飾りの各種オーナメント

画用紙や折り紙と組み合わせて作ってもいいですし、100均一のクリスマスコーナーで飾りを購入して貼り付けてもいいでしょう。

100均の紙コップで作るアドベントカレンダー

紙コップはアイデア次第で面白いアドベントカレンダーが作れます。コルクボードに紙コップを貼り付けたり、様々なアレンジ方法が考えられます。※紙コップにお菓子を入れます。わりと大きいのが入るかも。

作案

  • カレンダー型(紙コップをボードにカレンダー風に貼り付けます)
  • ツリー型(紙コップに紐をつけ、ツリー風に飾り付けます)

最後に

100均で作れるアドベントカレンダー。「折り紙」「画用紙」「紙コップ」で案を出しましたが、それぞれ組み合わせて作ってみても面白そうですね。

作品ができたら紹介します。

スポンサーリンク

シェアする