秋スイーツ 取り寄せランキング

秋フルーツ 画像

秋といえば果物!

たくさんの種類が収穫の時期を迎えます。果物狩りもいいですが、職人の手で作られた『秋のスイーツ』も食べたくなってきます。とくに栗や柿は秋限定なので旬の果物のお菓子を味わいたくなりますよね。

でもスマホで通販サイトをチェックすると、種類がたくさんあり過ぎて迷っちゃうのよね。

そこで通販で取り寄せできる秋のスイーツで厳選してみました。まず秋の味覚を代表する果物たちを紹介して、最後に秋のスイーツの人気ランキングを紹介します。

ほぉ~こりゃ、楽しみだ♪
スポンサーリンク

秋のスイーツ5選

秋の味覚を代表する果物たちから、美味しそうなお菓子たちを紹介します。

かぼちゃ

秋 フルーツ かぼちゃ

かぼちゃはプリンやパイに使われる果物・・・野菜ですね(汗)でも、かぼちゃは煮ると甘味がでることから、プリンの材料に使われたり、パイではレンジでチンしたあと潰して生地にしたります。ハロウィンのお菓子に出されることもありますね。

そのような用途に使われるかぼちゃですが、プロの手で作られる、かぼちゃのプリンやパイも見逃せません。

【かぼちゃ プリン】

イチジク

秋 フルーツ いちじく

イチジクの旬は産地によって前後するでしょうが8月~10月頃までで、まさに秋の味覚といえる果物です。イチジクと聞くと生で食べることが多いと思いませんか。

子供の頃は、いちじくを食べるときは汁が口の周りにつかないよう食べなさいって言われてたな(そういう体質だった)

このいちじく。実はタルトやケーキの素材として大活躍している果物なのです。洋菓子店でも秋の味覚いちじくを使った商品が販売されています。

【イチジク タルト】

秋 フルーツ 梨

梨は夏の終わりとともに梨狩りの季節がやってきます。秋の果物狩りといえば梨だとイメージされる方も多いですね。

私も何回か行ったけど、もぎたての梨は甘くて最高だよ♪
生で食べると酸味のある甘さでジューシーな梨ですが、その素材を生かして焼き菓子から冷たいスイーツに使われています。その中でもプロが作るものとしてはタルトとケーキが多いですね。

葡萄(ぶどう)

秋 フルーツ ぶどう

ブドウの旬も梨と同じく8月から10月まであります。果物狩りでは梨と葡萄を併設されているところもあって両方持ち帰られる方も多いようです。

うちも梨と葡萄を持ち帰ったな(購入してね)

手軽に食べれる葡萄は自宅でスムージーやゼリーに使われることが多いです。その中でもプロが作るものとして和菓子が販売されています。

秋 フルーツ 柿

秋の味覚といえば柿を想像される方も多いのではないでしょうか。昔は家の軒下に柿を吊るしているのを見たことありませんか。

うちの実家では毎年やってたよ。干し柿が旨いんだ♪
自宅では生で柿を食べるか、干し柿にして食べるかくらいしか思いつきませんが、プロが作るものとしては次のようなお菓子がありました。

【あんぽ柿】

秋のスイーツランキング

これまで紹介した秋のスイーツで、とくに人気のある秋の果物たちをランキングで紹介しますね。

3位:りんご

秋 フルーツ りんご

りんごは秋の味覚の中では最後に果物狩りを楽しめます。産地によって前後しますが10月中旬から11月下旬ですね。

うちも11月上旬にリンゴ狩りいったね。

リンゴの旬の時期には自宅でケーキやタルトなど様々なお菓子の素材として使われています。もちろん料理のプロが作るものでもリンゴをふんだんに使った商品が販売されています。

【りんご パイ】

2位:さつまいも

秋 フルーツ さつまいも

さつまいもは秋の味覚というよりか、石焼き芋として寒い時期にわたって楽しめる果物・・・野菜といえますね。

うちではさつまいもは蒸すか揚げるか、どっちかだな。

ここで紹介する秋の味覚の中では、さつまいもは様々な用途に利用しやすい素材です。プロが作るものとしては次のようなお菓子があります。

【さつまいも ケーキ】

1位:栗

秋 フルーツ 栗

堂々の一位は「栗」ですね。秋の味覚といえば間違いなく栗でしょう。栗を使った洋菓子といえばモンブランもありますしね。

栗の甘露煮はおせち料理にも使われてる。大好物の一つ♪

栗を使った和菓子でいえば宇治の抹茶を使ったロール物や甘露煮セットなど重厚ですよね。

【モンブラン】

まとめ

秋のスイーツランキングいかがだったでしょうか。若干私の主観が入ってますが、どれも秋の味覚を感じさせる素晴らしいお菓子たちです。気になった秋の味覚スイーツを見つけたら、ぜひ体験してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする