赤ちゃん咳あるが熱はない!緩和する方法

赤ちゃん 咳 熱はない イラスト
mama
赤ちゃん、咳は続いているけど発熱はないの(※酷い咳ではない)このまま自然に治るのかしら?

大人でもそうですが、気温の変化やホコリ(異物)などで条件反射的に咳が出てしまうことがあります。この場合、問題はないことが多いです。

しかし熱がないといえども咳が続く場合は、なにか病気が隠れている可能性を無視できません。咳はあるが熱はない場合、考えられることは次のとおりです。

スポンサーリンク

1.条件反射の咳(異物が喉、気管に)

赤ちゃん 咳 熱はない ゴミ ほこり

喉(気管)に食べ物のカスや埃(ホコリ)が入ったとき、条件反射的に出る咳です。むせて咳が酷く出てしまうことがあります。

2.鼻水が原因

赤ちゃん 咳 熱はない 鼻水 痰

赤ちゃんは鼻水がよく出ます。その鼻水が喉に落ちて咳が出ることがあります(痰です)。※大人でもありますよね。鼻水はアレルギーや風邪の引き始めで出ることがあります。

3.感染症、アレルギー他

赤ちゃん 咳 熱はない 感染症 アレルギー

注意したいのが次の病気です。

百日咳(感染症)

↓百日咳の主な症状

  • 乳児期初期から発病
  • 初期は風邪症状(発熱はない)
  • 激しい咳き込み(顔を真っ赤にし、コンコンと咳く)
  • 嘔吐も伴う
  • 感染する

百日咳は普通の風邪のような症状で始まります。このとき発熱はないと言われています。しかし咳がだんだん酷くなってきます。発熱のない咳が続いて「コンコン」と咳き始めたら百日咳の疑いがあります。

【参考】百日咳|厚生労働省

小児ゼンソク

↓小児ゼンソクの主な症状

  • ヒューヒュー、ゼイゼイの呼吸
  • 酷くなると呼吸が難しいほどの咳
  • 夜寝るのも難しいほどの咳
  • 咳は「発作」と言われる

小児ゼンソクは両親からの遺伝やアレルギー(環境のアレルゲン)によって発病することがあります。※アトピー皮膚炎の子は小児ゼンソクになる確立が高いといわれてます。

赤ちゃんの咳を緩和する方法

咳はあるが熱はない症状。どんな状況になるのか情報を整理してみましたが、注意したいのは百日咳ですね。赤ちゃん(新生児、乳幼児)は重症化することもあるので、咳が続いていると感じたら小児科の先生にでも相談しましょう。

あと自宅でできる咳の予防的な情報をまとめました。

室内の湿度を空気対策

赤ちゃん 咳 熱はない 加湿

【湿度】室内が乾燥していると喉を痛めやすいですし風邪ウイルスが繁殖しやすくなります。冬は空気が乾燥しやすいので加湿器などを置いて湿度を適切に保ちましょう。※適切な湿度は40~60%。

【空気】こまめに部屋を掃除して室内の空気をキレイに保ちましょう。ときどき窓を空けて空気の入れ替えを行うことも大切です。エアコンや加湿器も定期的に掃除しましょう。

鼻水を吸ってあげる

赤ちゃん 咳 熱はない 鼻水

鼻水が詰まっていると呼吸しにくく咳が出ますし、痰の原因になります。吸引器などを使って鼻水が溜まらないようにしましょう。

寝る姿勢に気をつける

赤ちゃん 咳 熱はない 仰向け寝

仰向け寝になると鼻水が喉に流れやすくなります。また咳をして吐いたとき喉を詰まらすこともあります。枕を使い、頭を高く上げましょう。仰向けより顔を横に向けると気管が広がりやすいです。

まとめ

  • 咳の様子をよくみる(何度も繰り返したり、コンコン咳してないか)
  • 鼻水はまめに取る(痰がらみの咳)
  • 室内の空気と湿度の管理(咳予防)
  • エアコンフィルターを掃除したのはいつ?
  • 仰向け寝になってないか?(楽な寝方に)

【咳の関連記事】

ここ最近、咳をしている

↓始まると止まらない咳

↓発熱の有無

受診の目安

赤ちゃんの咳 病院に行く目安は

スポンサーリンク

シェアする