赤ちゃんの汗!頭と背中が!あせも対策

赤ちゃんや子供って、ちょっと動いただけで汗びっしょり☆他にもミルクをあげたときや泣いたとき、頭やおでこに汗をかいちゃうよね。

汗かきはオールシーズンの悩みだけど、5月から9月頃の夏の暑い時期は汗をかく量がハンパないんだから(汗)

汗をかくことは体温調節だから人間には必要なもの。

ただ上手に汗と付き合わないと『あせも』や皮膚が痒くてかきむしってしまう『とびひ』に注意が必要だよ。※手が届く後頭部や顔、「おでこ」など、かいてしまう。

今回は汗が多いお昼寝や就寝中の汗対策と汗をかいたときのケア。そしてあせも予防の情報をまとめてみたよ。※主に5月から9月末まで暑い時期の季節が中心。

スポンサーリンク

就寝中の汗対策(頭~首~背中~お尻まで)

赤ちゃん お昼寝

寝ている赤ちゃん。布団に接している部分はとっても汗をかいているよ。まだ生後間もない子は寝返りも完全にできないから。

目が覚めたときには後頭部や背中は汗でかなり濡れていることが多いんだよね。

だから寝入りは過ごしやすい環境を整えてあげる必要があるよ。

背中に『汗取りパッド』

頭の下には『バスタオル』、背中に『汗取りパッド』を入れよう。起きたときに服を着替えるときに取り外したらいいよ。睡眠中に起こすことがないので便利だよね。

敷布団の上にバスタオル・寝ござ

寝ござを敷布団の上に敷くのは昔からあるアイデアなんだよ。

【敷布団に寝ござを重ねる】

  • (上)寝ござ(ひんやり効果)
  • (中)バスタオル(汗吸い)
  • (下)敷布団

我が家は全員夏は寝ござだよ(汗)寝ござは使ってないとき、陰干しすると長持ちするよ。

室温の調整(扇風機・エアコン)

エアコン室温は26~28℃。外気温の差はー3~5℃を目安にしよう。エアコンの風は直接赤ちゃんに向けず、部屋の中を循環させる感じがおススメ。

※扇風機も活用し空気を循環。

除湿だけで涼しくなる日もあるよ。5月の下旬からグンと暑くなるので気温の変化に注意しよう。

【赤ちゃんの服装について】

汗かきの赤ちゃんのためにTシャツの下に肌着をきせてるかもしれないけど、汗で蒸れるので重ね着には注意しよう。『基本は大人より一枚少なく』

※オムツも蒸れるから注意しよう。

汗をかいたときのケア

お昼寝の時間が暑かったり熱帯夜な夜は、たっぷり汗をかいてしまうと思うんだ。かるい汗なら蒸したタオルでケアしたらいいけど、猛暑続きの日々なら、さっと汗を流したらいいよ。

汗をかいたときのケアについて、まとめたので見てね。

シャワー

寝起きや外から帰ったときシャワーを浴びよう。ベビー石けんを使うのは1日1回で十分。汗と皮脂を流しておくと『あせも』の予防になるよ。

※洗いすぎると肌バリアーが低下することも。赤ちゃんは敏感肌だからね。

 

【夏のお風呂について】

汗がベタベタする季節だけど、お風呂で赤ちゃんの肌をゴシゴシしないでね。肌を傷つけてしまうよ。石けんを泡立てて優しく洗おう。

頭が臭う場合はボディーシャンプーだけじゃ、頭皮の皮脂汚れが落ちないのかもしれないね。ヘアシャンプーを検討してみよう。

汗を拭く

まず蒸らしたタオルを用意して、優しく撫でるように拭こう。※ゴシゴシしない。肌が敏感なので。オムツ交換時もお尻が汗をかいているので同様に。

ちょっと余分な汗を拭き取りたいな・・・なときは、乾いたタオルでポンポンと軽く叩くように拭き取ろう。

【顔・おでこを拭くとご機嫌斜めなとき。】

顔を拭かれると嫌がる子が多いよね(汗)そんなときはミルクをあげたり、お気に入りのおもちゃを与えて気をそらそう。※散髪のときみたい(汗)

そうそう、シャワーや着替えをさせたら水分補給をしておこうね。

あせも予防を考える

どんなに汗対策していても、皮膚に赤く小さい水泡があり痒みを訴えていたら・・・それは『あせも』かもしれないよ。

痒みがあるのは厄介で、頭、顔、首など手に届く箇所は『皮膚をかきむしってしまう』し、背中なら痒くて寝不足になるかもしれないよ。

赤く痒みがあるあせもは汗腺が炎症をおこしてるから、このまま患部をかきむしると『とびひ』になって最悪『傷』が残るかもしれないよ。

赤く痒みがあるあせもを発見したら小児科の先生に相談しよう。痒みの対抗策を考えてくれると思うよ。

【あせもは3つある】

  • 水晶様汗疹。透明の小さい水泡(白っぽいときもある)痒みもなく、数日で自然治癒する。
  • 紅色汗疹。赤い小さい水泡ができ痒みを伴う。赤いのは汗腺が炎症を起こした為。

どちらも汗腺がつまり皮膚の中に汗が染み出て水泡になってるんだけど、炎症を起こし赤く痒みがあるのが紅色汗疹なんだ。

これを指でかきむしって菌が入ると小さなおでき『汗疹より』、とびひのような感じになるんだ。

あせも予防1.汗を拭き取る

あせもを予防するには、汗で濡れたままにしないこと。皮膚に汗が滞留していると汗腺を塞ぐから『あせも』の原因になるんだ。あと雑菌が活動して汗が臭うからね。

あせも予防2.爪を切る

痒くなるとかいてしまうものだから、爪を切って指先を清潔にしておこう。

あせも予防3.肌を清潔に

ちょっと『1』と被るけど夏の暑い時期は汗をかいたら、肌着を着替えさせてシャワーを活用すること。さっと流すだけでも効果が違ってくるよ。

最後に

元気に動いたあとはシャワーでさっぱり☆乾いた服に着替えて、お昼寝や就寝時は快適な環境を作って汗で不快な思いをさせないようにしよう。

あせも一番の対策は、汗をかいたままにしないこと。出来ることをやっていこうね。

カテゴリー:肌トラブル

スポンサーリンク

シェアする