バーベキュー火おこし方法のコツ!

バーベキューの楽しみの一つに『火おこし』があるんだ。炭を組んでマッチで火をつけて火が点っていく過程はなんとも和む瞬間だよ☆

バーベキュー 火おこし 火種

ただ噂で聞く通り炭に火が付きにくい・・・。

久々にバーベキューをすると盛大に炭を組んで着火剤を塗ってるのに、炎の盛り上がりにかける・・・なんて経験ない?※私はある(汗)

新聞紙の火の粉が舞って怖い思いをしたこともあったよ。

実は炭の火おこしって炭の組み方と空気の通り道を作る事が肝心なんだ。バーベキュー火おこしのコツをまとめてみたよ。

スポンサーリンク

バーベキュー火おこしの失敗例

太めで大きい炭を厳選して隙間作ることなく炭を組んだ状態。新聞紙を炭の上に置き火をつけるもなかなか火がつかない・・・。

おまけに団扇で扇ぐと新聞紙の灰が舞い上がってヒヤヒヤしちゃった。

結局、凄い煙を上げならがら続けた火おこしだけど、思ったより時間がかかったんだ。※新聞紙、枯れ木など入れたけど。

反省点は何だった?

まず、火熾しが失敗した要因の一つ。マッチョな木炭(太めで大きいの)をガシガシに組んだせいで、空気の通り道を考えてなかったんだ。

炭を隙間なく組んでしまうより空気の上昇気流を妨げない組み方が好ましい!『煙突』を意識してみるといいよ。

↓このサイトが参考になりました☆

『熱は、下から上に向かって移動する。燃焼を促進させる代表的なものとして、煙突があります。熱が上昇する原理を利用して空気の流れを作り、気圧の下がった燃焼部分へ自然に空気を供給します。』
出典:炭火を熾す | バーベキューの教科書 – 日本バーベキュー連盟 オフィシャルWEBサイト

熱が上昇する仕組み。空気の流れを意識すると、う~んなるほどなぁ・・・と思ったね(汗)

炭の組み方

じゃ、わりと成績がよかった組み方を紹介するよ。※100%の結果は保証しませんけど(汗)

1.炭を組む

スマートな炭を3つチョイスしよう。※わりと小ぶりなやつ。炭を三角錐型に組む。

2.着火剤をのせる

先ほど組んだ炭の下に着火剤と木炭の細切れを入れる。

3.団扇であおぐ

火をつけたら団扇で扇ぐ!炭と炭の間に隙間があるので空気が十分に流れるよ。約30分経過・・・。炭の中まで赤くみえたらバーベキューの火種として使えるよ。

この頃には着火剤も燃え尽きてる頃。着火剤が燃えてる状況で食材を焼くと、燃料臭くなるので注意しよう。

このバーベキューの火おこしで気づいたことは最小の炭で行えること。そして空気を通る道を意識して作ることが大切なんだよ。

火おこしを加速させるアイテム!

バーベキューコンロを購入してて暖かい季節に一ヶ月、数回BBQしようと思ってる方は『火起こし器』を購入しておくと便利だよ。

チャコスタ&チャコスタmini – YouTube

アウトドアショップ、比較的大きなホームセンターで買えるし、通販で口コミ見てゲットするのがいいかな。

まずは炭と枯れ木マッチのみで火起こしすると、『火起こし器』の有難みが実感できると思うよ♪

※使うときは耐熱グローブ必須だよ。熱すぎて危険。

バーベキュー火おこしのコツ(まとめ)

【ワンポイント】

  • 空気が通りやすいよう木炭を組むこと。
  • 小ぶりで薄い木炭をチョイスする。

バーベキューの火おこしは早くて15分から20分で火がつき始める感じ。※主に旦那の仕事だけど(汗)

まぁ、もともと時間はかかるものなのでゆっくり楽しみながらやりましょう♪

新聞紙は多用すると風が強くふくと火のついた灰が飛ぶことがあるので、十分に用心して、ご安全に楽しもう!

炭火を楽しむ【関連記事】

バーベキュー七輪で炭火焼肉を贅沢に楽しむ【自宅】
たまの休日に自宅の庭で七輪の炭火で焼肉を焼くと最高ですよね~。ホームプレートや鉄板では味わえない楽しさ(美味しさ)があるよね。 ↑使用感抜群(汗) 七輪は50~60年前は普通に使われてたよ...
スポンサーリンク

シェアする