バーベキュー火おこし方法のコツ~炭の組み方は~

バーベキュー 火おこし 火種 バーベキュー

バーベキューで早くお肉を焼きたいのに、なかなか炭に火がつかないと焦りますよね。

バーベキューコンロに炭を無造作に置いて火種を置いても、火は簡単に付いてくれません。炭をある形に組み、中に種火になる材料を置くことでスムーズに火起こしをできるようになります。

今回の記事は「簡単に早く火おこしする方法」について紹介します。火種となる材料は、どれも簡単に手に入るものです。

バーベキューの火起こしで必要な材料

最低限必要なリストです。

  • 炭(備長炭は火が付きにくい。安物でOK)
  • 火種となる材料(新聞紙、牛乳パック、着火剤など)
  • ライター・マッチ(チャッカマン推奨)
  • 団扇(うちわ)
  • 炭用のトング

バーベキューで火起こしを効率的に行うコツ

バーベキュー火起こしの基本は「炭を煙突状」に組み上げること。

煙突状の筒の中で上昇気流が起こり常に筒の中に空気が入り込むため、炭に火が行き渡りやすくなるのです。これは煙突状の筒の中で上昇気流が起こり、常に筒の中に空気が入り込むため、炭に火が行きわたりやすくするためです。

だからバーベキューで炭を組むときは「煙突状に組むこと」を意識しましょう。

炭に火がついたら並べ替える

炭に火が付いたようでも、火種に近い部分は加熱しているけど外側は火が通ってないことがあります。そんなときは火が付いてない炭を下に並び替えて、炭全体に火がまわるようにしましょう。

新聞紙で火起こし

煙突状に組んだ炭の中に、火種となる新聞紙の井型を組みます。上手くいけば団扇で扇ぐことなく炭火に火を付けることができます。

  1. 乾いた新聞紙を用意し、ねじり棒を複数個作る
  2. 新聞紙で井型に組んでいく
  3. 井型に組んだ新聞紙を囲むように炭を置く。煙突を組むように。
  4. 新聞紙に点火する。炭で蓋をする。

牛乳パックで火起こし

牛乳パックも火種の材料になります。牛乳パックをカットしたものを中心に、炭で煙突をつくっていきます。

  1. 小さくした牛乳パックを用意する。
  2. 炭を煙突状に組んでいく。
  3. 炭を組んだら中心に小さくした牛乳パックを置く。
  4. 下の方から火を付ける。

着火剤で火起こし

可燃性の高い成分の着火剤で火起こしをします。炭に着火剤に付ければ、チャッカマンで点火すれば簡単に火が付きます。

  1. コンロに炭を置き、着火剤を付ける
  2. チャッカマンなどで火をつける
  3. 火鉢で炭を煙突状に組む
  4. 団扇で風を送る(火が回りにくくなったら)

まとめ

バーベキューの火起こしは自宅で簡単に用意できるもので行うのが一番です。炭を煙突状に作るのは、どれも共通しているので忘れないようにしましょう。