バーベキューピーマンの下ごしらえ~切り方・丸焼き・串~

ピーマン バーベキュー

この記事ではバーベキューで欠かせない野菜ピーマンの下ごしらえについて解説します。

バーベキューで定番のピーマン丸焼きや、カットしてチーズを詰めたり、串に刺すなど必要な下ごしらえを全て揃えました。

スポンサーリンク

1.ピーマンの下ごしらえ~丸焼き~

バーベキュー定番のピーマンの丸焼きです。油断すると焦げますが意外とジューシーに焼き上がります。

ピーマン丸焼きは前日の仕込みは必要ありません。当日ピーマンを洗って、焼く前にオリーブオイルを塗るだけです。これはオイルを塗ることでピーマンをコーティングし焦げを防ぎます。

 

<ピーマン丸焼き>

  1. 現地で調理します。
  2. ピーマンを洗います。
  3. ピーマンにオリーブオイルを塗ります。
  4. バーベキューコンロの中火と弱火ゾーンで焼きます。

 

2.ピーマンを下ごしらえ~ピーマンの切り方~

半分に切ったピーマンの中身に、チーズやカツオ節などを入れるための下ごしらえを解説します。

前日にやっておく下ごしらえは、ピーマンを半分に切って種とヘタを取りのぞき、ジップロックにピーマン入れて冷蔵庫に保存しておきます。

当日はジップロックに入れたピーマンと、チーズやカツオ節などトッピングするものを持参しましょう。

ピーマンの中にチーズやカツオ節など詰めて、オリーブオイルを塗って焼きましょう。

 

<ピーマン中身詰め>

  1. 前日にピーマン洗って半分に切り、ジップロックに入れて冷蔵庫に保管。
  2. 当日ピーマンとトッピングする具材を持参。
  3. 焼く前にピーマンの中にトッピング具材を入れて焼きます。

 

3.ピーマンを下ごしらえ~串焼き~

バーベキューの串焼きは丸ごとピーマンより、カットしたピーマンならたくさんの具材をはさめることができます。前日にピーマンをカットしておけば、串に刺せばいいだけです。

例えば2のチーズやカツオ節など詰めたピーマンを串に利用するなどですね。串の具材があればとくに準備は必要ありません。

 

まとめ

いかでしたか。お手軽さならピーマンの丸焼きですが、ピーマンに具材を詰めるレシピはバーベキューメニューのバリエーションを増やすことができます。

バーベキューピーマンの下ごしらえは時間がかからないので参考にして下さいね。