バーベキューコンロ コンパクトのおすすめ折りたたみ【少人数 家族、1人ソロ】

バーベキューコンロ コンパクト おすすめ バーベキュー

自宅やアウトドア(キャンプ場・浜etc)であれ、軽量コンパクトなバーベキューコンロであることは重要です。たとえば自宅の倉庫押し入れなどコンパクトに収納できること。そしてアウトドアで使うために車のトランクにコンパクトに収納できることです。

<このような用途>

  • 自宅の庭で家族(3~5人)とBBQを楽しむ
  • 家族(3~5人)でキャンプ場にBBQを楽しむため車のトランクに収納できるサイズ
  • ソロでキャンプを楽しむため(バイクのトランクに収納できるサイズ)

今回は一人、または家族や少人数のバーベキューで使いやすいコンパクトなバーベキューコンロについて見ていきましょう。

コンパクトなバーベキューコンロの特徴

バーベキューコンロ 収納

コンパクトなバーベキューコンロはキャンプで使うものというイメージがあります。

キャンプ場に持っていける荷物には限りがあります。車のトランクやバイクに積載するにはコンパクトに収納できるサイズが必須で、アウトドアでバーベキューを楽しむためには考慮すべき重要なポイントなのです。

ソロキャンプ(バーベキュー)は移動手段にバイクや車を使います。とくにバイクのRV-BOXに積載するには量が限られているため、バーベキューコンロはコンパクトであればあるほどよいのです。バーベキューコンロの折りたたみ収納と機能性の両立がされているかが選ぶポイントになります。

自宅の庭で家族や気の合う友人同士で楽しむバーベキューは4~5人の少人数で行うと思います。

アメリカ人が週末にゴージャスで巨大なコンロを準備して楽しむような盛大なバーベキューよりは、ふと「BBQしたいな~」と思い立ったら物置からコンロを持ちだして、台所で調理するようなお手軽さでプチバーベキューしたいと思ったことありませんか。

決して広くない物置からガチャガチャ出すよりは、スッと出してスッと戻すコンパクトなバーベキューコンロがあるといいのですね。

そんなコンパクトなバーベキューコンロたちを見ていきましょう。

 

 

 

ソロキャンプにおすすめバーベキューコンロ

バーベキューコンロ コンパクト ソロ

ソロキャンプを想定したバーベキューコンロ(グリル)は焚き火がメインの色合いが強く、焼き網が別売りになっている商品もあります。※焼き網の有無はチェックしましょう。

コンロの大きさはだいたい四方15~20cmで正方形と長方形型がラインナップしています。材質はほぼステンレス製で重さは約1~1.8kgなのでソロキャンプでも収納に困ることはないでしょう。

ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト

  • [組立時]約19×19×15cm[焼 網]約16×16cm
  • [収納サイズ]約24×18.5×3.5cm。収納ポーチ付き(片手で持てるサイズ)
  • 総重量:約1.0kg

コンパクトに収納できる★★★★★

5,000円クラスのバーベキューコンロです。

ロゴスのピラミッドグリル・コンパクトを紹介します。約20cm四方で高さ15cmのコンパクトなバーベキューグリルです。※ステンレス製。

収納時も約3.5cmの厚さになるので他の荷物に邪魔にならなそうです。

ロゴスのピラミッドグリル・コンパクトは組み立て簡単とのこと(10秒で組み立て)。お庭のベランダでお手軽に炭火料理が楽しめそうです。ソロキャンプだけでなく2人でプチBBQにも使えそうですね。※キャンプでBBQの締めに焚き火として使ってる人もいるようです。

笑’s コンパクト焚き火グリル「ちび火君」

  • [組立時](約)幅21.2×奥行21.2×高さ24cm
  • [収納サイズ](約)幅15×奥行15×高さ4cm
  • 重量:約1.3g

コンパクトに収納できる★★★★★

10,000円クラスのバーベキューコンロです。

焚火が好きな方に注目ステンレス製の焚火グリルです。この商品単体では焚火台なのですが、別売の専用グリルプレートを購入すればバーベキューグリルとして利用できます。

組み立て時60kgまで耐えられる構造になっているので鍋料理やダッチオーブンを使った料理を楽しめそうです。

ちび火君はバーベキューを楽しめますがキャンプ色の強いコンロといえるでしょう。いつかキャンプで薪を燃やして焚火や料理など楽しみたい方にはベストのコンロになるんじゃないでしょうか。

笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君

  • [組立時](約)幅21.5×奥行12.2×高さ16.5cm
  • [収納サイズ](約)幅18.1×奥行12.2×高さ1.8cm
  • 重量:約1.0g

コンパクトに収納できる★★★★★★

5,000円クラスのバーベキューコンロです。

先ほど紹介した焚き火グリル「ちび火君」よりコンパクトさを求めるなら、同じ笑’s社製のコンパクト焚き火グリル B-6君です。組み立ては簡単で収納すると高さ1.8cmのコンパクトになります。これからキャンプツーリングなど持ち歩くのに便利でしょう。

自宅の庭で炭火で焼き鳥を食べたいときにサッと準備して楽しめそうです。

尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ

  • [組立時](約)幅31.5×奥行28.0×高さ23.5cm
  • [収納サイズ]:(約)幅31.5×奥行26.0×高さ4.0cm(A4のキャリーケースに収まる大きさ)
  • 重量:約1.8g

コンパクトに収納できる★★★★★

4,000円クラスのバーベキューコンロです。

1~2人サイズのバーベキューグリルです。ソロキャンプのくくりで紹介している中では大きいサイズのコンロですが、折りたたむと幅31.5×奥行26.0で厚さ4.0cmでコンパクトに収まります。焼き面が大きいので調理がやりやすそうですね。

フォールディングBBQコンロはバーベキューできるのは勿論ですが、網をどければ焚き火台にもなります。自宅は家族でBBQ、ソロキャンプのときはBBQと焚き火台で楽しめそうです。

 

 

家族BBQにおすすめバーベキューコンロ【少人数向け】

バーベキューコンロ コンパクト 家族

家族(少人数)向けバーベキューコンロの種類

  • スタンダード型(四角いコンロに4本の足)自宅向け
  • 卓上型(テーブルの上に置いて使用。場所に困らない)アウトドア向け
  • 焚火型(焚火もBBQも楽しめる。)アウトドア・キャンプ向け

自宅向けのバーベキューコンロはスタンダード型と卓上型です。一般的によく見るのがスタンダード型で足が4本のやつです。上位モデルは足の伸縮や網の高さを調節できます。機能性がよく折りたためるコンロは値段が高めですが、コンパクト収納を省いた格安コンロもあります。

卓上型はコンパクトに折り畳めるもの、コンパクトにならないけど購入しやすいコンロ、はたまた値が張るけど煙を抑えた無煙コンロなど選べる幅があります。

焚火型BBQ・焚火・ダッチオーブンができる本格的なものです。キャンプするなら準備したい一品です。

では各々、見てみましょう。

バーベキューコンロ【スタンダード型】コンパクト型はあるか?

バーベキューコンロ コンパクト 基本

4本足があるバーベキューコンロ「スタンダード型」はキャリーバッグに収納できるものがありますが、それでも結構大きいです。あえてお手軽さと収納コンパクトを求めるなら卓上タイプを検討しましょう。

けれど家族4~5人の少人数でのバーベキューはスタンダード型が一番利用しやすいように感じます。例えば焼網が大きく4~5人の人数に対応していることや、火力の場所を考えて焼けるほど網の範囲が広いことです。

もし自宅の物置に余裕があって、自宅中心でバーベキューを楽しんでみたいならスタンダード型コンロをチェックしてみましょう。

グリーンライフ BBQコンロ【スタンダード型】

  • サイズ(約)幅57.0×奥行40.0×高さ50.0cm、焼面サイズ:約41.5×29.5cm
  • 重量:約4.6g

コンパクトに収納できる★

3,000円以内で購入できるリーズナブルなバーベキューコンロです。

焼き網と鉄板がついて家族4~5人で楽しめます(焼面が大きい)。そのかわり足の高さは固定で若干細そうにみえます。収納の仕方は足を分解して本体を箱に戻す形のようです。購入前に物置のスペースのチェックが必要ですね。

コンパクト収納は度外視でリーズナブルなバーベキューコンロを購入している方は検討されてみてはいかがでしょうか。

コールマン クールスパイダープロ【スタンダード型、焼網の高さ調整】

  • [組立時](約)幅80.0×奥行52.0×高さ40.0/70.0cm、焼面サイズ:約30×68cm
  • [収納サイズ](約)幅73.0×奥行34.0×高さ15.0cm
  • 重量:約6.0g
  • このコンロの特徴(焼き網の高さ4段階調整、オールステンレス、通気性が良いメッシュボディー、炭の継ぎ足しが簡単、鉄板付き)

13,000円クラスのバーベキューコンロです。

コンパクトに収納できる★★★

クールスパイダープロはスタンダード型のバーベキューコンロで格安コンロと比較して機能が優れています。

足の長さをLOWとHIGHで変更できるのは当然として、目をひいたのは網の高さを4段階できるところです。バーベキューでは火が強すぎて焦げそうな場面がありますからね。これなら火力調整が簡単にできそうです。また炭の継ぎ足しも引き出し式なので簡単そうですね。

あと鉄板も付属しているのでバーベキューの締めは焼きそばなんてのを楽しめそうです。

別売り収納ケースが用意されています。ケースに取っ手があるので持ち運びはラクですがサイズは幅73.0×奥行34.0でそこそこ大きいです。家族とアウトドアで使用する計画があるなら購入を検討してもいいかもしれませんね。

 

 

バーベキューコンロ【卓上型】

バーベキューコンロ コンパクト 卓上

卓上型のバーベキューコンロはラインナップにバラエティーがあります。キャンプに持っていきたいコンパクトに折りたためるコンロ。自宅ベランダのプチBBQに合いそうなコンロ。七輪のように使えるバケツ型。煙を抑える無煙コンロ。

バーベキューコンロの中で卓上型が選べる範囲が広いように感じます。

ただ多機能なほど値段も高いですが、お金を出してでも構わないので良いものを長く使いたいなら、とことん追求してもいいでしょう。

ユニフレーム ユニセラTG-3【折りたたみ・卓上型】

  • [組立時](約)幅31.5×奥行25.0×高さ19.0cm
  • [収納サイズ](約)幅31.5×奥行16.5×高さ8.5cm、※収納ケース別売り
  • 重量:約3.1g
  • このコンロの特徴(炭火とセラミックパネルのW遠赤パワー)

コンパクトに収納できる★★★★

10,000円クラスのバーベキューコンロです。

家族4~5人で楽しめる焼面です。コンパクトに折りたためるので家族でキャンプBBQなどでも使えそうです。ソロキャンプに使うなら豪華に調理できそうです。

テーブルに置く場合は足に熱がつたわりそうなので何か対策したほうがよいでしょう。

コールマン コンロ クールステージテーブルトップグリル【卓上型】自宅BBQ用に

  • サイズ(約)幅40.0×奥行28.0×高さ16.5cm、焼面22.5×34.5cm
  • 総重量:約2.5g

コンパクトに収納できる★★

4,500円クラスのバーベキューコンロです。

家族4~5人でちょうどよいサイズの卓上コンロです。外で座卓で使ってもよさそうです。。

テーブル上でのバーベキューにおすすめですが折り畳めません。自宅でプチBBQをするときの専用バーベキューコンロとして検討してみてはいかがでしょうか。※車のトランクなら場所をとらないかもしれないですが。

キャプテンスタッグ パックアウェイグリル【卓上型】自宅BBQ用に

  • サイズ(約)外形28.5×高さ21.0cm[収納サイズ](約)外形28.5×高さ5.0cm
  • 重量:約1.5g

コンパクトに収納できる★★★

3,000円クラスのバーベキューコンロです。

バケツ型のバーベキューコンロです。設置や収納も簡単で本体の1/3のコンパクトにできるようです。一見すると七輪のようですね。ぎりぎり家族5人で食べれそうです。

ただ七輪のように風を送る窓がないので木炭に火が回るのかな・・・といったところが気になりました。あとコンロの足です。本体の熱が足に直接伝わりそうです。テーブルに置く場合は気をつけた方がいいでしょう。

ロータスグリル【卓上型、着火早くて煙が出ない】自宅BBQ用に

  • 重量:約3.7kg
  • このバーベキューグリルの特徴(油が炭に落ちないので煙を気にせずBBQできる、容器が熱くなりすぎない、着火が早い、火力調節できる(風量を調整))

コンパクトに収納できる★

15,000円クラスのバーベキューコンロです。

レビュー動画を確認したところ家族5人なら十分対応できる大きさだと思いました。驚いたのは本体に送風用のモーターが仕込んであることですね。チャコールに炭をセットして火をつけて送風ONにすると、あっというまに火起こしできるようです。

お肉の脂が炭に落ちない仕組みになっているそうです。自宅の庭で煙が気になってBBQができなかった環境でもチャレンジしてみたいと思わせるグリルですね。

ただコンパクトに収納できる機能はないので、邪魔にならないなら一家に一台欲しいと思わせるコンロです。

 

 

バーベキューコンロ【焚き火型】

バーベキューコンロ コンパクト 焚き火

この記事で紹介しているバーベキューコンロの中で、一番キャンプ寄りのコンロと言えます。自宅の庭でプチBBQするだけでは勿体ないです。なぜならダッチオーブンや焚き火も楽しめるからです。

将来は家族でキャンプを楽しみたい。BBQ以外の料理や焚き火にも使えるバーベキューコンロを使いたいなら、購入しておいて損のないコンロたちです。

 

キャプテンスタッグ ヘキサ ステンレス ファイアグリル【焚き火型】

  • [組立時](約)幅47.5×奥行41.0×高さ30.0cm
  • [収納サイズ](約)幅57.0×奥行47.0×高さ6.0cm※収納バッグ付き
  • 重量:約3.8g

コンパクトに収納できる★★★★★★

10,000円クラスのバーベキューグリルです。

ユーチューブでM-6500のレビュー動画を視聴してみたところ家族5人のバーベキューなら十分対応できる大きさかな、と思いました(M-6500で検索)。

収納時もキャリングバッグ付属で大きさは57cm×47cmでちょっと大きいお買い物袋といった感じでした。

ロゴス ピラミッドグリルEVO-L【焚き火型】

  • [組立時](約)幅39.0×奥行39.0×高さ26.0cm、焼き網(約)38×38cm
  • [収納サイズ](約)幅41.5×奥行26.5×高さ8.0cm※キャリーバッグ付き
  • 重量:約3.2g
  • コンロの特徴(2~6人用、10秒で組み立て・10秒で収納、収納バッグ付き、地面に優しい灰受け構造、薄型コンパクト収納)

約10,000円クラスのバーベキューグリルです。

コンパクトに収納できる★★★★★★

ユーチューブで「EVO-L」で探すと、コンパクトとEVO-Lの大きさを比較する動画がありました。EVO-Lは家族5人で使用するなら十分な大きさだと思いましたね。

 

ユニフレーム ファイアグリル【焚き火型】

  • [組立時](約)幅43.0×奥行43.0×高さ33.0(網高)cm
  • [収納サイズ](約)幅38.0×奥行38.0×高さ7.0cm
  • 重量:約2.7g
  • コンロの特徴(炭の調整がしやすい、保温スペースがある、ダッチオーブンを使用できる)

約7,000円クラスのバーベキューグリルです。

コンパクトに収納できる★★★★★★

キャプテンスタッグのヘキサステンレスファイアグリルやロゴス ピラミッドグリルたちと比較すると、特徴的な形をしたバーベキューグリルです。家族5人で使うには十分なサイズです。

焚き火もできるBBQコンロ群の中で価格7000円クラスであることから選択肢の一つに入りそうですね。

まとめ

コンパクトなバーベキューコンロを探すというテーマのお話でしたが、特徴をまとめると自分が欲しいコンロが見えてきますね。

あなたの利用シーンにあったバーベキューコンロが発見できたなら幸いです。