部屋の防寒対策!冷気を遮断し暖房を生かす2つの方法

部屋 防寒対策 画像
なんか家のリビング部屋って、暖房が効きにくい感じなんだよね。エアコンは頑張って暖房運転してるのに・・・。

11月に入ると本格的に冷えてきますよね。部屋の防寒対策をやっておかないと、外から冷気が入りやすいですし、エアコンで部屋の空気を暖めても外へ逃げていきますよ。

夜は「ぴしゃッ」とカーテンしてるしなぁ・・・そういえば窓際がなんかスースーする感じがする(汗)

では部屋の防寒状況を点検してみましょう。近くのホームセンターや100円均一など格安で揃えられる商品を駆使して、部屋の防寒対策!冷気を遮断し暖房を生かす2つの方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

優先度1:部屋の窓の防寒対策

部屋 防寒対策 画像2

凍てつく冬の空気と部屋を隔てている窓。窓からの冷気(隙間からも)は室内に伝わりやすく、また室内の暖房機器で暖めた空気は窓から外に逃げていってしまいます。部屋の窓の防寒対策しないと、暖房機器の暖め効率も上がりませんし無駄な電気代(灯油代)を使うはめになります。

暖めた空気を窓から逃さぬため以下を実践しましょう。

  • 梱包クッションシート(ぷちぷち)・・・防寒の定番アイテム。重要なのはプチプチのデコボコ部を窓につけるように貼っていくこと。窓とプチプチの間に空気の壁ができ断熱効果アップ。夏でも外からの熱気を遮断してくれる。オールシーズンで使えるプチプチ。
  • 隙間テープ・・・窓とサッシの境目に隙間テープを貼る。
  • 厚めのカーテンに交換する・・・断熱効果のあるカーテンに交換することで冷気が伝わるのを防ぐ。厚手とレースの2重にしてみる(日光に温かみを感じる昼間はレースのカーテン、日没後は厚手のカーテンで冷気を遮断)
  • ダンボール・・・断熱効果を期待できる。カーテンと窓の間に置くといい。湿気も吸ってくれる。

窓の防寒作業の順番は窓とサッシの境目を隙間テープで貼ったあと、梱包クッションシート(ぷちぷち)で窓全体に貼っていくこと。

窓の防寒をしっかり行うことでエアコンの暖房も生きるよね。

優先度2:部屋の床の防寒対策

部屋 防寒対策 画像3

床もフローリングだと床下からの冷気がダイレクトに足に伝わります。カーペットを敷いていても冷気が伝わりやすいですし、暖房機器で暖めた空気が床下へ逃げていってしまいます。

フローリングの上に以下の商品を敷いてみましょう。

  • アルミシート・・・フローリングとカーペットの間にアルミシートを敷く。アルミが冷気を遮断。部屋の暖かい空気も通さない。保温が続く。100均一で購入可能。
  • ダンボール・・・アルミシートと同じ使い方。湿気も吸い取ってくれる。ホームセンターで安価で売ってる。
コルクマットもあるけどアルミシートやダンボールがお手軽に感じるね。
床もしっかり防寒対策することでホットカーペットを生かすことができるね。

家の玄関の防寒対策

これまでリビング部屋を想定して記事を書いてました。家の玄関(鉄製)の冷気も無視できないと感じたらアルミマットを玄関に貼り付けましょう。鉄製の玄関から伝わる冷気をいくらかカットできます。

まとめ

どんなに暖房性能のよい器具を購入しても部屋の防寒対策がダメだと生かすことができません。エアコンで設定したエコ的な温度を持続させようと思ったら、暖房機器で暖めた空気を逃さない「窓や床」の防寒対策を十分に施すことです。

無駄な電気代浪費してたかも・・・。見直そう!
スポンサーリンク

シェアする