あかぎれ指先 絆創膏で応急処置?治し方・予防も

肌の乾燥か家事の水仕事のせいか、ぱっくり割れてしまった指先のあかぎれ。今年は暖冬とはいえ主婦の宿命か、冷え性の体質なのか。あかぎれはつらいですよね。

あかぎれ 治し方 指先

皮膚をナイフでスパッと切ってしまったような『あかぎれの傷』皆さんはどのように応急処置してるのかしら?傷が水でしみるからね。

外からの刺激を避けつつ、あかぎれの治し方と予防や対策などもまとめてみたよ。

スポンサーリンク

あかぎれの応急処置

うちは絆創膏をちょっとキツ目につけて応急処置してたよ。だけど絆創膏を一日おきに付け替えないと黒くなる。

あかぎれ 絆創膏 臭い 対策

さらに絆創膏を外すと蒸れた汗か垢なのか臭くなるんだ。(皮膚もふやけた感じだし)

まさに雑菌わいてますって感じで不衛生な感じがしちゃう。あかぎれの治し方としてはダメだよね。治りも遅いと感じちゃうし。

指先のあかぎれじゃ絆創膏は役不足と思っちゃた。そこで液状絆創膏の出番なのです。

液体絆創膏の効果

これは簡単に言うと傷口を接着剤(のようなもの?)で塞ぐというもの。液体絆創膏は小さい切り傷に効果があるとうたってる通り、指先のあかぎれには丁度良いと感じたよ(個人的な感想ですが)

ただ傷につけた瞬間に「少し、しみた」のが気になったけど。液状絆創膏は塗ると皮膜ができお湯や水仕事でも剥がれにくいってセールスしてるね。

家事のときは手荒れ防止も兼ねてキッチン手袋してる事もあってしみる事がないと感じる。(個人的な感想だけど)

絆創膏よりは断然よいと思うよ。

蒸れなくて通気性のよい絆創膏もある

液状絆創膏は嫌だな・・・て人は通常の絆創膏より高くなるけど、蒸れなくて通気性のよい絆創膏があるよ。

それはあかぎれ保護バン

指先・関節用があるので好みで使い分けてみては。あかぎれの傷口に白色ワセリンをつけて保護バンで固定すると傷の治りが早いそうだよ。

指先のあかぎれを予防対策しよう

そもそも指先があかぎれにならなければこんな苦労をするとこもない。あかぎれ【手荒れ】を予防方法がないかチェックしてみました。

1.普段から手荒れ対策を欠かさない

あかぎれの前駆症状といえる「手荒れ」。水を扱う我々主婦にとって日ごろからの手肌ケアが大切だろうと思うけど、私自身手のケアができているか正直不安。

というわけでハンドケアで参考になった記事紹介するよ。手荒れを防ぐ為のちょっとしたコツ4つ日ごろ水を扱う上での注意や簡単なハンドケア方法が書かれてあります。

まだ手荒れになってない、もしくは手荒れしかけてる方にはぜひ記事をご覧になって下さい☆

手荒れに関する記事は星の数ほどあるけど、普段から水を扱う私には参考になりました。

2.ビニールorゴム手袋を使う

洗い物は水+洗剤を使うので素肌ではダイレクトに皮脂と角質を落としちゃう。つまり手荒れが加速してしまう(゚Д゚;)

一番手荒れが進みそうな指先を守る為にビニールorゴム手袋を積極的に使いたいところ。

ビニールorゴム手袋は一長一短がある!

●ゴム手袋

  • ゴム手袋は何度も使うと不潔になりやすい。
  • ラテックスアレルギーや蒸れ防止の為。
  • ゴム手袋の下に木綿の手袋を使う。
  • ある程度使いまわしできる。

●ビニール手袋

  • 主に調理に使う。
  • 薄手なので作業効率がいい。
  • 基本使い捨てなのでコストが気になる。

手荒れ防止にゴム手袋

手荒れ防止だけでなくあかぎれや指先をケガした時もゴム手袋が便利。水を完全にシャットアウトできるから。

すすぎには慣れが必要な感じがデメリットかな。

  • 洗剤や油が落ちてるか?
  • ヌルヌルが残ってないか?

指先で摩擦を感じる修行が必要だよ(汗)内側に布手袋するのは必須だね。蒸れるから。

ゴム手袋は指先が使いやすいか、袖口から水が入りにくいかが選ぶポイントだよ。

3.食器洗いを楽にする

世間では食洗機があると便利だけど、鍋に食器を入れて少し煮るとお湯効果で食器洗いが楽になるよ(油が落ちる)

水に触れる時間が少ないってことは手荒れ対策になるし、あかぎれの回復にもなるよ♪

まとめ

●パックリ割れのあかぎれを早く治す

  • 傷口を保護して刺激から守る
  • 安い絆創膏は使用しない(衛生的に)
  • 「液体絆創膏」か「あかぎれ保護バン」を使用する
  • 水仕事ではゴム手袋を使用
  • 手肌の保湿を忘れない

●あかぎれの予防と対策

  • 手の保湿を心がける
  • 水仕事ではゴム手袋を使用する
  • 洗浄力の高い洗剤を使わない(素手)
  • 熱いお湯を多用しない(素手 )
  • 手洗い後はタオルで水分を拭きとる

カテゴリー:肌トラブル

スポンサーリンク

シェアする