子供の嘔吐 水分補給の間隔

水分補給をしよう

子どもの嘔吐下痢症は感染症のノロ、ロタウイルスで発症する事があるし、お腹の風邪でこじらせてしまう事もあるよね。下痢から始めまる事もあれば嘔吐から始まる事もあって、本当に大変。。。嘔吐で困ったのが水分補給のタイミングだよ。

激しい嘔吐は先生から聞いた話だと、だいたい半日程度で終わると言ってた。うちも、そんぐらいだったかな。その後の水分補給のタイミングなどはご近所さんや先生に聞いて対処したんだけど、色々と注意するポイントがあるんだ。

今回は一例だから様子が普通じゃないと思ったら、すぐに病院に受診してね。

スポンサーリンク

嘔吐時の対応

突然、子どもが嘔吐したらビックリするよね。ここで嘔吐物の対処をしつつ、水分補給を考えないといけない。嘔吐が長引くと水分が多く失われるからね。でもゲェゲェ吐いてるし、どのタイミングでやったらいいのか?

まず嘔吐が強い間は、「絶飲食」なんだ。

絶飲食にする判断は?

吐き気が強い間は無理に飲ませようとすると再び吐いてしまうので、ちょっと様子をみよう。吐くだけでも体力を消耗するし水分も沢山出て脱水が進むからね。※後の脱水症状の章も読んでね。

水分補給のタイミング

吐いた後は食べたり飲むのは控えること!吐き気が収まってきたら水分補給を少量ずつ始めていこう。それで、どのくらいの時間で始めるか?

水分補給は嘔吐が収まって、小一時間くらいから

嘔吐が収まって1~2時間のあとスプーン一杯程度から始めるのを目安にするといいよ。それで吐くことなく飲めるなら、約15分間隔あけながら少量ずつで与え始めよう。

まだ軽い吐き気があるなら

多少は吐き気があっても、お水を欲しがって泣くことがあるんだよね。喉の乾きを訴えるなら水分で唇を湿らせて渇きを癒してあげよう。

脱水症状に注意

嘔吐下痢症では水分補給が欠かせないのは世間の一般常識になってるけど、脱水症状の特徴は改めてチェックしておいたほうがいいよ。

  • 唇、囗腔内が乾燥している
  • 泣いても涙が出ない
  • おしっこの色が濃い、量、回数が少ない
  • ぼんやり、眠りがち

↑何個も該当するなら、早くお医者様に。

子どもは大人と比べて脱水症状に陥りやすいと聞くから、子供の様子をみながら水分補給を気を付けたいね!

ワンポイント

嘔吐が収まって、水分補給を始めるときは水より、塩分(電解質)も一緒に補給できるものを子供さんに与えることをオススメするよ。お茶、麦茶、真水は吸収が悪くて、とっても水分補給が必要な時に相応しくない・・・とされるのね。

なので脱水症状に有効とされる「経口補水液」を薬局で聞いて(購入して)、子供さんに与えるのを考えてみてね。普通のスポーツドリンクやイオン飲料は電解質の量が十分じゃなかったり、糖分が多く入ってる可能性があるんだ。甘ければ薄める。なんて考えもあるけど、元々少ない電解質がもっと少なくなったら元も小もないよ。

まとめ

今回は聞いた事、調べた事を書いたよ。子供の嘔吐下痢症でお医者様に診てもらった際に水分補給や食事のタイミングを聞いておくといいかも。お子さんによって、治療の方針もかわってくるからね。

食事は水をどんどん飲んでも、吐かなくなるまでおあずけだよ。下痢の回復食は次の記事を参考にしてね。

関連記事です☆彡

子供が下痢の時の食事内容、便の状態を目安に
赤ちゃんや幼児(6歳まで?)の下痢は風邪でお腹を下すケースもあれば、季節性のウイルス性もあって1年に何度か経験するものだよね。 うちの子供もお腹下して下痢がちょっと続...
スポンサーリンク

シェアする