手作りクリスマスリースの材料集め!自然素材から100均まで!

今年も気がつけば早くも10月下旬。紅葉も深まる今日この頃だけど『そろそろクリスマスリースの材料集めようかな?』なんて考えている人がいるんじゃないかな?

でも『どんな材料探せばいいのだろう?』や『身近な材料が思いつかない~~』なんて思ってない?いざ作ろうとするとリースの材料集めで苦労すると思うんだよね。。。

josei001

うーん、どうしよう・・・。

と・こ・ろが!探してみると結構お宝が眠っているのだよ( ´▽`)

そこで自然の素材や家にある身近な物(または容易に手に入る物)で作ってみたい方に、参考になる手作りクリスマスリース材料の集め方をまとめてみたよ。

高価なお金をかけずにステキなリースを作ろう!と思っているあなたには、目がキラキラ輝く情報ばかりだよ。最後までみてね!まずは自然にある物から紹介するよ!

スポンサーリンク

蔓(つる)や松ぼっくりなど自然素材を材料に

都会に住んでいると、蔓や松ぼっくりなどを見かけることは中々ないよね。

10月下旬頃から紅葉に色づいた山々に行ってみよう。リースの自然素材なる材料がそこかしこに落ちているよ。ビニール袋を片手に採取しに行ってみよう!

蔓(つる)

クリスマスリースに使う蔓

↑このような場所などに自生してるんだよね。

代表的なのが「クズ」秋の七草の一つで昔の人はクズでカゴを編んでいたらしいよ。森や雑木林に森林公園や木の茂ってる公園で木に絡まってるのを見ることができるよ。

紅葉を楽しみながら探してみてもいいかもね☆

あと、生えすぎた蔓を森・公園の保全活動で掃除する人を一般募集してることあるよ。それに参加すればくずやどんぐりなど持ち帰れると思う。

それと意外と身近に手に入るかもしれないのが「さつまいもの蔓」これでリースが作れちゃう!

ちょうど収穫時期が9月から11月。ご近所で家庭菜園してる方、さつまいも畑をみかけたら声をかけてみよう(汗)

松ぼっくり、どんぐり、木の実

強風の吹いた翌日はチャンス!木からどんぐり、松ぼっくり達が沢山落ちてるよ。キレイなものを拾っていこう!

そして持ち帰ってどうするの?

どんぐり

キレイに見えてその中身は(うひゃー)自然素材は持ち帰ってからの一手間が肝心。とくに、どんぐりや松ぼっくりは数日後に虫が「こんにちは」したら大変だからね。

蔓の処理

蔓を丸めてリース状にして外に干して乾燥させてね。クズやさつまいもの蔓は一週間ほど。クズは乾燥すると硬くなるので水に浸けて柔らかくしよう。

それから次に紹介する蔓性の植物を上手にリースにまとめている動画。やってみると蔓をまとめるのは意外と難しいのだよね。一度目を通すことをオススメするよ。

どんぐり、松ぼっくりの処理

中に虫がいる可能性があるのでバケツに熱湯を注いで1分ほど湯にさらそう。冷凍庫に入れる方法もあるけど、これは流石に抵抗あるね(汗)

あと数日間か日光に当てておこう。※ニスを塗るとひび割れ防止にもなるよ。

ナチュラルリースは土台がキモだよ

蔓や松ぼっくりなどを使った、いわゆるナチュラルリースはリース土台が上手に作れれば、その後の完成度もいい感じになるから頑張って作ってみようね♪

ちなみにリース土台は紹介した蔓をまとめたものと松ぼっくりを円形に並べたものがあるよ。ホットボンドを使うと結構頑丈に仕上がるよ♪

【ワンポイント】

リースの材料集めは11月初旬にして日干し、制作は11月下旬がオススメだよ☆

さて、自然素材について紹介したけど外に出てまで材料を集めるのは面倒だ~~・・・てな人は、次の章を見てね。

家にある材料で作ろう(または容易に入手できる物)

お金をかけず家にあるもの。容易に手に入るもので子供と工作してみたいな~て思ってる貴女。

ちょっと工作のインスピレーションを感じそうな動画を発見したので紹介するよ。リースの材料を見つけるヒントにもしてね。

花柄系

これは花柄風のクリスマスリースで緑色のティッシュペーパーらしきものを千切ってリース土台に貼り付けるシンプルなもの。

これってハサミもあまり使わないし、花柄付ける部分はお子さんと、一緒に工作しても楽しいよね♪

そして肝心な材料だけど、色付きのティッシュペーパーで赤(ピンク)か緑系があればいいね。

リース土台は紙皿があれば中をくり抜けばいいけど空箱なら茶碗使えば円に切り抜けるよ♪ボタンは大小あればいいね。絵の具で色を付けてみよう。

▼必要な材料(動画から推測)

  • 色付きのティッシュペーパー(赤か緑系、に近いもの)
  • 空箱か紙皿(リース土台)
  • リボン or 紐
  • ボタン(赤 and 白)オーナメントに

ちなみに花柄をマカロニに変えてみても面白いよ。別バージョンで作ってみてもいいかも。マカロニの色は絵の具で付けたらいいよ。

ペーパークラフト系

この動画は主に画用紙を利用したクリスマスリースでハサミを扱えるお子さんなら、この動画を一緒にみてチャレンジさせてみてもいいかも☆

リボンやオーナメントは別の紙に下書き練習してハサミで切り抜くとやり易そう。色画用紙は100円均一に行けば売ってるので問題ないね☆

▼必要な材料(動画から和訳)

  • A4カラー用紙 緑×2 赤×1
  • はさみ
  • ホッチキス
  • 鉛筆
  • さし
  • 木工ボンド

クリスマスカラーに合いそうな包装紙があれば、それで工作するとオリジナリティーあるリースが出来そうだね♪

<おまけ>忘れてならない折り紙

クリスマスリースの飾りを考えた時に、折り紙はベストチョイスだよ。とりあえず『星』はマスターしておこう!

【ワンポイント】

言い忘れたけどキレイな柄の包装紙があれば、取っておいて使ってみよう。代用できる材料があれば家にある物で作れそうだよね!

では最後に、手軽に低予算でゴージャスなリースを作るなら100均は外せないよ☆

100均のクリスマスグッズをアレンジ

a0001_012761

実はクリスマスリースは毎年売ってるけれど、せっかくだからゴージャスにアレンジしてしまおう。

上手にアレンジすれば、 素敵なオリジナルリースが出来ちゃうよ!

リース土台

蔓色に合わせた物や、カラフルな物もあって、松ぼっくりを模したリースもあるよ。プラスティックだし、しっかりしてる☆

リースを葉っぱで茂らせる

ゴールドクレストや杉の木を模した造花やミニのクリスマスツリー(緑・赤・白など)の葉や枝をバラバラにしてリースに付けると効果的。

ポインセチア(赤、白など)の造花も、ワンポイント的に付けてみよう。

リースをカラーボールで飾る

テカテカ、キラキラしたボールのこと。リースのベースの色は統一したほうがよいね。(赤、緑など、いわゆるクリスマス色)

ただ店頭ではごちゃまぜ色しか売ってないのがほどんど。たまにゴールドとレッドを単体で売ってるのを見たらめっけもんだね(汗)

※お店によってラインナップは、まちまちだからなるたけ大きいお店に行ってみよう!

リースを飾るポイント

100均のクリスマスオーナメントはキラキラが多いのだよね。ついゴージャスにしたくなるけど、大人しい感じを基本に派手な飾りを加えるとキレイに仕上がる。

※全部が主張してゴチャゴチャ感が出るから。それが良いという人もいるけど。。。

まぁ1,000円以内でも上手に選べば良い物が作れちゃうね!

まとめ

お金をかけずに素敵なクリスマスリースを作れる気がしてきたでしょう?

100均のクリスマスグッズでリースを作ると完成度が高いけど、無いものから作る楽しさを子供と体験するなら、自然派のナチュラルリースか、家である物ない物を組み合わせて工作することをオススメするよ。

【ワンポイント】

制作にはグルーガンがあると便利だよ。ただ熱いので子供さんには危ないかな。グルーガンが必要なところは大人がして分業するといいよ。

カテゴリー:クリスマス

スポンサーリンク

シェアする