手作りクリスマスツリー 段ボールで子供と工作!コツは?

クリスマスのムードを盛り上げるのに欠かせないものは『クリスマスツリー』だよね。でもネットショップで検索してみるとだいたい一万円から。。。

クリスマスツリー

うーん、ちょっと高いかも(汗)

ツリーも飾りもゴージャスだけど収納時にそこまでバラバラに出来ないし、手間もかかるから、中々購入する決心がつかない人もいるんじゃないかな?

なら、今年は子供と工作してみようよ☆手作りクリスマスツリーを!(段ボールで)

身近な段ボールを工作してクリスマスの木を作ってしまおう。今回は手作りクリスマスツリーを段ボールで子供と工作するコツを紹介するね!

スポンサーリンク

手作りクリスマスツリー、まずは型紙から!

▼必要な材料

  • 段ボール(枚数は型紙による)
  • A4用紙(ツリーの型紙用に)
  • 絵の具(ツリーを塗っちゃおう)
  • マット紙(オーナメントなどに)
  • 紐(ツリーとオーナメントをつなぐ紐)

▼必要な道具

  • ハサミ
  • カッター
  • セロテープ(ガムテープ)
  • 桐(オーナメント用の穴あけ)

※最初に型紙でツリーの大きさを確かめて段ボールを購入するといいよ。

いざクリスマスツリーを工作しようと思っても手順や形が思い浮かばないよね。私は、次に紹介する動画で掴みを得たよ♪1:37から本編が始まるのだけど(最初はMC ^^;)

普通の紙で型紙を作って、それに沿って段ボールを切ってる様子が見れるんだ!

↓まずはご覧あれ♪

私も、色々なツリーの型紙を見たけど、2枚の段ボールを立てに切り込みを入れて組み合わせてる例が多いのだよ。個人的には、これが一番簡単だと感じたね。

ツリーの段ボール工作のコツは?

段ボールをツリーにカットするコツだけど、型紙を段ボールに重ねるときは糊スプレーで貼って段ボールをカットすると切り口がブレないと思うよ。

ちなみに段ボールを買う前に型紙を作ってみて、どれだけ段ボールの枚数が必要か調べてみよう。段ボールでツリーが出来たら絵の具で塗装しよう♪

絵の具

↑緑色の絵の具が沢山必要かも(汗)

色画用紙で貼る方法もあるけど、こっちが経済的だよ。ツリーの大きさで判断しよう。

【子供と工作する際のポイント】

ハサミを扱うので幼稚園や小学校低学年なら、段ボール加工までは親がやると安心だよ。※段ボールは厚いからね。

さぁ、クリスマスツリーが出来たら飾りつけだね!ここから、子供さんにも沢山手伝ってもらおう♪

クリスマスツリー 飾り方のコツ

クリスマスオーナメント

段ボールでクリスマスの木が出来れば、楽しい飾りつけが待ってるよ♪子供も工作できてあくまで手軽に・・・だから私の考えたクリスマス飾りは次のもの♪

マット紙

星、靴下、トナカイ、サンタ、雪だるま、雪の結晶・・・クリスマスに関するイラストを画用紙に書いてもらおう!

画用紙はコシのある物がいいのでペーパークラフト用の「マット用紙」がいいね。

画用紙よりは紙にコシがあって、ハサミでもラクラク切れるよ。子供さんでも簡単に切れるから!

クリスマスツリーに穴を開けてオーナメントに紐をつけてぶら下げていこう。たくさん作って賑やかなクリスマスツリーにしようね♪

まとめ

2日もあれば完成できる工作だと思うので是非挑戦してみてね!

スポンサーリンク

シェアする