エアコンの暖房 設定温度の適温は?電気代を節約するコツ

エアコンの電気代を抑えれて、そこそこ暖かくしのげるエアコンの設定温度って何℃かな?
エアコン 暖房 設定温度 適温

暖房エアコンの電気代がかかるには理由があります。それは設定温度が高いことです。あなたは暖房エアコンをどんな環境で利用していますか。

見直したい暖房エアコンの使用環境
  1. 暖かいので薄着で過ごしている。
  2. なんだか部屋がスースーするので全力運転で送風。
うーん、さすがに薄着でいられるほど暖房かけるのは問題かもね。

隙間風や冷気が入ってくる部屋も改善の余地がありますが、薄着で過ごせるほど暖房エアコンの温度を高くするのは節電の面からしていただけないですね。

エアコンの設定温度は節電に大きくかかわる部分なので見直してみましょう。

スポンサーリンク

エアコンの暖房 設定温度の適温

エアコン 節電

当たり前の話ですが暖房エアコンの設定温度を上げれば消費電力が大きくなり、逆は小さくなります。

  • 暖房運転で温度を上げる・・・消費電力が大きくなる
  • 暖房運転で温度を下げる・・・消費電力が小さくなる

設定温度を上げて運転すれば室内は快適ですが電気代もビックリ冷や汗ものです。今すぐ暖房エアコンの設定温度を下げましょう。1℃下げると約10%の節電になりますよ。

環境省が推奨する暖房エアコン温度は20℃

エアコン 暖房 設定温度 環境省

環境省が推奨する暖房時の設定温度は20℃を目安にしています。これは薄着では確実に寒く感じる温度ですね。20℃で過ごせる自分の厚着具合を見つけましょう。首や手首、足首も衣類で隠して素肌が出ないような装いで過ごせば20℃で耐えられるはずです。

20℃の設定温度で過ごす

  • 厚着をして温度調節する
  • 手首、足首、首の肌が出ないよう衣類でカバーする

エアコンの暖房 室内を20℃で暖かく過ごすには

暖房エアコン 電気代 節約

暖房エアコンの使い方を工夫することで部屋の中を暖かく保つことができます。

  • 部屋が乾燥している→湿度を上げる(過ごしやすくなる)
  • 冷たい空気が滞留している→エアコン+サーキュレーターで循環させる。

温度と湿度を調節して過ごしやすく

暖房エアコンの設定温度が20℃でも部屋の湿度を上げることで暖かさを感じることができます。部屋に湿度計を置いておくと調整がしやすいですよ。

チェック

  • 空気清浄機の加湿機能or加湿器を活用(40~60%の湿度)
  • 濡れた洗濯物を干す。洗濯物が多すぎると湿度が上がりすぎるので注意。

エアコンの風向きは下に

暖房エアコンのスイッチを入れたら風向きルーバーを下向きにしましょう。上向きだと天井に暖かい空気が滞留したままで部屋が暖まりません。下向きで温風を送れば自然に空気が天井に上がっていきます。結果、部屋の全体が暖まることになるのです。

さらに空気清浄機やサーキュレーターで部屋の空気を循環してあげると空気が冷たいエリアが生まれません。

チェック

  • エアコンONで風向きルーバーを下向きに
  • 下で暖めた空気は天井に上がっていく
  • サーキュレーターで空気を循環させる

エアコンの風量は自動にお任せ

手動でエアコンの風量を調節できますが、うっかり「強」のまま時間が過ぎてしまった・・・なんてことがります。また節電したいからって「弱」のまま運転していると設定温度に達するまで時間がかかってしまう・・・なんてことがあります。

なので風量の設定は「自動」にしてエアコンに任せます。エアコンのコンピューターが部屋が暖まるまで強風で、その後は微風と効率よく運転してくれます。

チェック

  • 風量を手動で操作すると無駄がある。
  • 風量調整はエアコン「自動」に任せる。

エアコンの暖房20℃で電気代を節約しよう

暖房エアコン20℃という設定温度は少し厚着をすれば過ごせる温度です。エアコンを家族で過ごすのに使うだけなら節電の意味もこめて20℃にしましょう。エアコンの風量や風向き、空気清浄機などで湿度を調節して暖房エアコンの節電に努めましょう。

それと暖房機器に頼らない部屋の暖め方。暖かい空気を逃さない部屋の防寒対策も参考にして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする