恵方巻きの具材が7種類の意味!決まりはあるの?

恵方巻き 具材 秘密 季節の行事
今年の節分は恵方巻きを作ろうと思ったけど、中の具材はどれがいいのかな。
 

実は恵方巻きの具材は普通の巻き寿司(太巻き)と大差ありません。あえて違いを言うなら恵方巻きは「七種類の具」で巻いていることです。節分で頂く恵方巻きは「七種類の具」で巻くことが大切です。

ちょっと気になったのは、恵方巻きの七種類の具材に意味があるのか。また七種類に限定すれば具材の種類は何でもいいのか、という部分ですね。

スポンサーリンク

恵方巻きに七種類の具材が決まってる意味

恵方巻き 具材 七福神

恵方巻きの基本は七種類の具材が入っていることです。なぜでしょうか。それは七福神にあやかって七つになっているのです。

その数字には「無病息災」「商売繁盛」の願いが込められています。

つまり七福神に因んだ七つの具材で作られた恵方巻きは福を巻き込むという意味合があるのです。

ふーん七福の数字に意味があるんだね。

必ず入れたい恵方巻きの具材

「恵方巻きの具材はコレだ!」と明確に決まっているのではないですが、一般的に次のような具材が使われているようです。

恵方巻きの具材一例

  1. きゅうり(ほうれん草)
  2. かまぼこ
  3. 高野豆腐
  4. 干ぴょう
  5. 伊達巻(だし巻・厚焼き)
  6. うなぎ蒲焼(あなご、エビなど)
  7. おぼろ(焼き紅鮭)

ふと気になった、巻き寿司の一般的な具材も調べてみました。

恵方巻き 巻き寿司 違い
巻き寿司(太巻き)の一般的な具材

  • キュウリ
  • 高野豆腐
  • 干ぴょう
  • 玉子焼き
  • 椎茸
  • きくらげ
  • でんぶ
  • おぼろ
  • 焼穴子

参考巻き寿司 – Wikipedia

なんとなく具材は同じような感じですね。※巻き寿司では具材を「種」と呼ぶそうです。

恵方巻き・・・節分だから必ず入れたい具材は見当たらないですね。恵方巻きは七種類(七つ)だけ守っていれば、ご自身の好みの具材を入れて楽しめばOKでしょう。

ただ、きゅうりは必ず入れましょう。太巻きに固い具は欠かせません。巻きやすさにも貢献します。

自宅で恵方巻きに入れたい具材は?

7つの具材で楽しむ恵方巻き。世間のレシピを調査してみました。※七種類は目標。多少ずれても可。

  • サラダ巻き・・・サラダの定番であるツナ缶とマヨネーズをベースに野菜(レタス、キュウリ、人参)、海鮮(カニタマ)、肉類(ハム)、卵焼き(厚焼き)などで構成します。※サラダ巻き 恵方巻き – YouTube
  • 焼肉巻き・・・牛肉の細切れと玉ねぎを炒めて味付けしたものをベースに、野菜(レタス、キュウリ、人参)、卵焼き(厚焼き)などで構成します。※焼肉巻き 恵方巻き – YouTube
  • 海鮮巻き・・・海鮮食材を複数個いれます。例えば「ねぎとろ」「いくら」ですね。これに野菜(レタス、キュウリ、人参、大葉のいずれか)、卵焼き(厚焼き)などで構成します。※海鮮巻き 恵方巻き – YouTube

個人的には「海鮮巻き」をメインに恵方巻きを作りたいですね。節分だから入れたい食材はないですが、もともと巻き寿司はめでたいときに食べるものなので、何度か恵方巻きを作るうちに好みのレシピを編み出してみてはいかがでしょうか。