冬の家庭菜園 栽培できる野菜と土作り

冬に家庭菜園で出来ることをまとめます。

冬 家庭菜園
こんな状況で家庭菜園やってます
  • 葉菜類・・・プランター(自宅)
  • 根菜類・・・畑(借りてる)

産地:暖地

スポンサーリンク

冬に家庭菜園で栽培できる野菜は?

冬(11月下旬~3月まで)に何を植えるかですね。冬に植える野菜で候補を絞ります。

キャベツ(プランター)

苗の植え付け(11月)収穫(4月下旬~5月中旬)※上級者向け。

キャベツは育てるのに手間がかかるので自宅のプランターで育てます。冷え込むとキャベツの苗がトウ立ちする可能性があるので防寒対策して冬に備えます。※トウ立ちしにくい(晩抽性)品種を選ぶのがポイント。

玉ねぎ(畑)

苗の植え付け(11月中旬~12月上旬)収穫(4月下旬~5月中旬)

前作・・・さつまいも

植え付けの一ヶ月前くらいから畑の準備をします。畝に黒マルチを敷いて玉ねぎの苗を手植えして年越しします。

じゃがいも(畑)

種芋の植え付け(2月中旬~2月下旬)収穫(6月)

前作・・・長ネギ

じゃがいもは連作障害が出るので別の畝に植えつけます。植え付けの2週間前くらいに土作りと畝を作っておきます。植え付け2~3日前に種芋を準備します。畝に黒マルチを敷いて種芋を植えていきます。※去年は露地だったが黒マルチのほうが管理が楽らしいから。

冬に室内で栽培できる野菜

ルッコラ、カイワレ、小松菜です。とっても寒い日は室内へ避難。

冬の家庭菜園での土作り

11月下旬~に苗を植えるための土作りが必要です。苗を植える1か月前くらいから植える野菜に合わせた土壌に調節します。元肥が必要なら畑に仕込んでおきます。

春まで休ませる畝は石灰をまいて耕し、そのまま風雨にさらしておきます。phは春に作付けする野菜の値に合わせておきます。

連作できない野菜を把握して同じ場所で育てないようにノートに記録しておくといいでしょう。※せっかく植えたのに作物の出来が悪かったら悲しい。

最後に

冬のあいだにやる家庭菜園の大きな作業は、うちでは「玉ねぎ」と「じゃがいも」の植え付けになります。あとは春まで使わない畑のメンテナンスですね。

うちの畑は狭くて使える畝が限られているので、植える野菜(前作と後作)の相性をみながら決めてくのは難しいけど、そこがまた面白いのであります。

スポンサーリンク

シェアする