冬の着物は寒い?防寒対策!足をメインに?

京都で着物観光しようと思うけど、冬に着物で外を歩くと寒いよね。
どんな準備をしたらいいのかな。
冬 着物 寒い

冬に着物を着用される人は次のようなケースだと思います。

  • 結婚式・・・結婚式の披露宴で(ほぼ室内)
  • 成人式・・・外歩きあり、室内で過ごす時間あり
  • 着物が似合う観光(京都など)・・・外歩きあり、室内で過ごす時間あり

この中で着物を着る機会がありそうなのは旅行と観光じゃないでしょうか。

今日は冬の着物で寒いときの防寒対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

冬の着物の防寒ポイント

着物は暖かい部分と寒い部分があります。

着物の寒暖の差
  • 暖かい部分・・・体の中心部分(帯周り、一番重ね着している部分だから)
  • 寒い部分・・・襟、袖口、裾(大きく開いているので冷気が入りやすい)

着物と帯で重ねられている部分は暖かいのですが、襟(首元)、袖口(肘くらいまで)と裾(ふくらはぎまで)は寒いです。なので冬の着物の防寒ポイントは襟、袖口、裾を中心に考えます。

着物の防寒ポイント

着物 寒い

  • 襟(首元)
  • 袖口(手から肘まで)
  • 裾(足から膝下まで)

着物の防寒は上着で調節?

冬の防寒対策では下着を暖かいものに工夫したくなりますが、暖房の効いた室内では暑くなりすぎる可能性があります。とくに上半身は着物や帯が重なっている部分なので保温性があります。暑くて汗をかくでしょうし外に出たら寒暖差で風邪をひいてしまいます。

着物の下着は普通の肌襦袢にして外出時は羽織やコートなどの上着で防寒対策を考えましょう。

冬の着物外出 防寒は足をメインに

冬に着物で外を歩くとき、最も寒く感じるのは足から腰にかけてです。前章でお話したとおり上半身はわりと寒さから守られてるので足(下半身)をメインに防寒を考えましょう。

ここまでのまとめ

  • 上半身の中心は意外と暖かい
  • 上半身(肌着)で寒さ対策をしない(室内で暑くなる)
  • 外出時に寒さを感じるのは襟(首元)、袖口(前腕)、裾(下半身)
  • 外出時は上着と下半身の防寒を考える(着脱しやすいもの)
  • 防寒着を収めるバッグが必要になる

冬の着物の防寒対策

着物で外出するときに必要な防寒対策をまとめました。室内で暑くならないよう着脱のしやすさも考えました。防寒対策のポイントは首周り、手首、足首を寒さからカバーすることです。

暑がりな私をベースに考えました(汗)

屋外行動が多いケース

  • 上着・・・着物(和装)コート
  • 首元・・・マフラー等
  • 前腕・・・ロング手袋
  • 腰から膝上・・・ハーフパンツ(ヒートテック)、レギンス
  • 膝下から足首・・・レッグウォーマー
  • 足・・・足袋二枚重ね(インナーにネル裏)、防寒草履

※とっても寒い日は耳を守るイヤーマフもありかな、と思います。

着物(和装)コート

着物に合わせて作られた冬用のコートです。着物の特徴である裾まわり、背中周り、帯がある部分を包み込むようにゆったりしています。室内に入る前に脱ぐのがマナーです。

屋内行動が多い(お買い物、イベントなど)

  • 上着・・・羽織 or ストール
  • 首元・・・マフラー等
  • 前腕・・・なし
  • 腰から膝上・・・なし
  • 膝下から足首・・・なし
  • 足・・・足袋二枚重ね(インナーにネル裏)

羽織

羽織は洋服でカーディガンにあたるものです。室内で着ていても良いもので丈が短いもの(膝上以上)が使い勝手が良さそうです。※座っても裾を踏みにくい。

羽織の丈が短いとカジュアル感があるよね。

最後に

おそらく着物はレンタルで着付けされるケースが多いと思います。寒い日の着こなしについてアドバイスもらえると思いますし、疑問に感じたことは聞いてみましょう。

今回は以上です。

スポンサーリンク

シェアする