冬の温泉 観光旅行おすすめ3選 島根

冬 温泉 島根 おすすめ
寒くなってくると温泉に入りたくなるな。残念だけど広島には源泉掛け流し温泉がないのよね。
広島県のお隣の島根県には源泉掛け流し温泉があります。島根は良質の天然温泉が数多くある温泉天国なんですよ。広島市からは三次市まで高速道路で行って、そのまま「やまなみ街道」の高速道路で出雲、松江までダイレクトに行けます。

今日は冬に行きたい島根の温泉の観光旅行おすすめ3選で紹介しますね。なお単なる温泉紹介でなく、冬の時期ならではの紹介をしたいと思います。

おぉ!たのしみだ♪
スポンサーリンク

1.島根へスキーと温泉旅行(旭温泉)

島根 スキー

スキーの後に源泉掛け流しの温泉を楽しむなら旭温泉がオススメです。

  • 広島の奥座敷といわれてる
  • 広島市から高速道路でダイレクトに行ける(山陽道→中国道→浜田道)
  • スキー場、温泉街ともに高速道路に近くアクセスがよい。
  • 源泉掛け流しであること。美人の湯(ぬめり、さらさら2つの泉質が楽しめる)
冬 島根 温泉 スキー

地図をご覧頂くとわかりますが、関西や九州方面から訪れるスキーヤーが多い瑞穂ハイランドアサヒテングストンと旭温泉が、どちらも高速道路(浜田道)からアクセスが良いです。

旭温泉は美人の湯として知られ、「ぬめり感」と「さらさら感」のある泉質の湯を楽しめるようです。(アルカリ性単純温泉・源泉温度34.8℃)

旭温泉はいわゆる温泉街で4つの秘湯があります。日帰り入浴を楽しみたい人向けに「湯めぐりチケット」を販売しています。趣の異なる4つの秘湯を一度に体験できますね。

2.島根へ冬の食材カニと温泉旅行を堪能する

松葉ガニ

島根の冬の味覚の代表格といえば『松葉ガニ』です。山陰で摂れる雄のズワイガニです。浜田、松江と港は近いので獲れたての新鮮な松葉ガニを楽しめるのです。

今年のご褒美として家族で松葉ガニと源泉掛け流しの温泉を楽しむのに候補として『松江しんじ湖温泉』『玉造温泉』があります。

どちらの温泉街を選ぶかですが、温泉の歴史、規模、雰囲気でいえば玉造温泉が勝ります。

  • 玉造温泉・・・約1300年の歴史がある名湯(神の湯)。ホテル旅館に格があり、温泉情緒を感じる温泉街。
  • しんじ湖温泉・・・開湯は1971年。温泉の歴史は浅い。

カニを食べることを重視するなら玉造としんじ湖温泉の宿泊プランと食事の内容と比較し、予算と相談しながら決めるといいでしょう。※極論いえば温泉なら日帰りで安くまわれる。

カニ料理を美味しくリーズナブルに食べれる宿があればいいのにな(ちょっと虫がいい話)

3.島根(出雲)へ年末年始で初詣と観光

出雲大社

年末年始に島根といえば出雲大社ですね。初詣とともに出雲大社周辺のパワースポットを観光される人も多いです。

年末年始に出雲に行くなら源泉掛け流しの温泉宿は早く予約しないと泊まれません(玉造、宍道湖、湯の川温泉などの温泉宿)。

松江駅周辺のビジネスホテルでは温泉宿で年越す目的がぶれると思うのでお勧めしませんが、日帰り温泉のみで楽しむならビジネスホテルもありでしょう。

年末年始は出雲大社周辺が混雑しますし、中国山地が雪になる可能性があります。運転に自信がなければ高速バスを選択肢に入れておきましょう。

出雲そばも忘れぬように♪

最後に

島根の温泉を冬に楽しむ様々なプランを紹介しました。どれも安い旅行じゃないので、しっかり吟味して良い思い出を作りましょう。

松葉ガニに大変興味がありました♪
スポンサーリンク

シェアする