外壁と屋根 塗装の時期の目安 訪問販売に注意

屋根 外壁 塗装 画像

念願の一戸建て。長年住むと屋根や外壁が塗装が色あせてきます。色あせたままにすると建物の劣化が進みます。すると我が家に目をつけた塗装屋などの訪問販売が頻繁にやってくるようになります。

「この家は相当痛んでいます。すぐに工事が必要です。うちなら安くできますよ♪」

うーん・・・建築に関しては素人。どうしたものか。外壁と屋根 塗装の時期の目安について、情報をまとめました。

スポンサーリンク

塗り替え時期の判断基準は

一般的に新築から10年目に家の外壁と屋根を塗り替えすることが、業者が私たちを口説く目安になっています。では私たちが屋根と外壁を塗り替えする動機はなんでしょうか。それは色あせと汚れです。

これは建築や塗装が素人の私でも、我が家が色あせて、ちょっと汚れていたら塗り替えを検討したくなります。

塗り替え時期を検討の目安となる10年ですが、家が建っている場所で時期も変わってきます。道路際や海風にさらされる場所では汚れや錆などの害が発生しやすいです。そのような環境なら10年は目安に入るでしょう。

逆に厳しい環境に立っている家では塗装の劣化も遅く外壁と屋根の塗装を15~20年で検討される方もいらしゃるはずです。※実家では築30年で塗り替えました(団地)

塗装が劣化すると何がおこるの?

錆を落としたらすぐ塗らないと錆びるという話を聞いたことがありますよね。外壁や屋根も同じことで、塗装があることで紫外線や雨の汚れなどを防いでくれます。

ところが塗装が色あせてくると紫外線のダメージや雨水が入ってきて屋根や外壁にヒビなどが生じます。つまり家の屋根が色あせたまま放置するとダメージが蓄積して最悪、雨漏り・・・なんて悲惨なことになる可能性があるのです。

素人目にでも次のような箇所を発見したら、外壁と屋根の塗り替えを検討するモードに頭を切り替えたほうがよいですね。

  • 屋根や外壁が色あせて古家に見える
  • 外壁に塗装の剥がれ、ヒビ割れがある
  • 外壁に苔やカビが生えている

屋根外壁の塗装費用の相場

一般的な例としては2階建ての一戸建てを想定した話になると思います。その費用は塗装原料や建坪、家の状態で金額が変わってくるので簡単に答えを出せませんが、建坪40の一戸建てなら約120~200万円とされます。まずは安心できる>家を建てたメーカーに屋根外壁の塗装費用の見積もりの相談しましょう。後、ちょっと知識がついたら屋根外壁塗装の一括見積もりを利用してみるのもありでしょう。

ただ気をつけたいのは『訪問営業の人たち』です。言葉巧みに調子の良いことを言って契約してしまい、手抜き工事されて悲惨な目にあった人が後を立ちません。

訪問販売業者の実態

訪問販売と聞くと悪いイメージを感じますが、外壁塗装の業者においても調子のいい話術(営業トーク)で契約を取ろうとする悪い業者が多いそうです。どのような手法で私たちにアプローチしてくるのでしょうか。

まず私たちの家の屋根と外壁のどこが劣化しているのか指摘してくれます。そして直ぐに施工しないと家が危険です、と強烈にアピールします。そして簡単に見積もりを出し、『ウチでは他所の店より安くできる』と強烈にアピールします(お得感アピール)

まとめ

外壁塗装に限らず、某●●通信の訪問販売でも気を許すと、契約が取れるまで粘り強く交渉してきます。無用のトラブルを防ぐ意味でも、建てたときの建築会社に相談しましょう。※そのあと、近辺の塗装会社に相談するなど。

スポンサーリンク

シェアする