母の日プレゼント【60代】嬉しい贈り物とは

母の日 プレゼント 60歳 季節の行事
そろそろ母の日だ。何をあげようかな。お花ともう一つ。迷ってしまってなかなか決められないね。
 

母の日のプレゼントで定番といえばフラワーギフトです。お花だけなら実の母や義理のお母さんでも喜んで受け取って頂けるでしょうが、個人的にはお花以外にもう一品贈りたいもの。

一番手っ取り早いのはお母様に聞くことですが、「何でもいいよ」と答えられたら困りますよね。

そこで世間では母の日のプレゼントに花以外で何をプレゼントしているのか調査しました。

スポンサーリンク

母の日に貰って嬉しいもの

様々な企業が母の日のアンケート集計していたので、それを参考に母の日に貰って嬉しいものをランキングにしてみました。

<50代以上で贈られて嬉しいもの>

  • フラワーギフト
  • ストールや帽子、手袋など服飾か雑貨(ハンカチなど)
  • 洋服
  • 旅行&食事
  • スイーツ

花以外のプレゼントで多かったのは「ストール・帽子、バッグ、財布」など身に着けるもの&普段持ち歩いているものでした。あと食事or旅行です。母の日は家族と一緒に過ごすことを希望している方が多いです。

個人的に難しいと思うのが服装です。ランキング上位ですが母の好みがわかってないと買いづらいですね。

<母の日に貰って嬉しいもの【まとめ】> 母の日は「感謝の気持ち」が一番大切です。フラワーギフトはメッセージをつけること。そして買い物や食事をして「一緒に過ごす時間」を作ることが大切です。外食だけでなくお家の食事の準備を一緒にやっても良いです。

お母さんに人気がない母の日プレゼント

アクセサリーとコスメは母の日のプレゼントには難しいです。アクセサリーは本人が似合う似合わないがありますし、コスメはお肌に合うかわかりませんから。一緒にお買い物に行く予定がないならアクセサリーとコスメは選択肢から外すのが賢明です。

母の日プレゼントの準備と予算

母の日の準備とは当日なにをプレゼントするかリサーチなど準備する時間です。ネットで調べると一週間前からの人、前日の人がいらっしゃいました。

だいたい前日の方が多いね。

1泊2日の温泉旅行なら数週間前から予約が必要でしょう。日帰り温泉なら予定があれば当日・・・という話になるでしょう。※実家が近い。同居している場合。

予算は3000~5000円が多かったですね。※これはフラワーギフトと1品を加えた場合。

距離感がわからない義母の場合

あれこれ考えてもきりがありません。これは無難にフラワーギフトにしておきましょう。あと旦那様にも意見を聞いて1品プラスするなど。

花の種類も定番のカーネーションでOKです。