初詣 絵馬の書き方!願い事はこのように

初詣 絵馬 書き方 季節の行事

初詣では神社で今年の願い事を祈願します。賽銭箱にお賽銭するだけでなく、絵馬に願い事を書いて神様に託すことができます。

そういえば絵馬って、あまり深く考えず書いていたような。

 

そんな方が多いでしょうね。神社に行くまえにご利益が増すよう、初詣での絵馬の書き方を勉強してお参りしてみませんか。

スポンサーリンク

お守りと絵馬の効力の違い

お守りと絵馬って願掛けする意味では同じじゃない
お守り 絵馬 効力

絵馬の場合は自分で書いて願い事を祈念します。

お守りと比較しても自分の思い(希望)を絵馬に書くのですから、より強い効果があるのではないですかね。

ある意味、本人の決意表明。あとは自分次第だね。

初詣での絵馬の書き方

初詣 絵馬 書き方
絵馬はこのように書くといいらしい

  • 絵馬の表:絵が書いてある、絵馬の裏:願い事を書く。
  • 筆(墨)、または黒マジックで書く。
  • 願い事は一つ
  • 「~したい」より、「~を望みます」といった感じが良いそう。
  • 前回と同じ内容でも構わない。
  • 「~がほしい」など、欲深いものはさける。

初詣は筆ペン持参で行きましょう!

絵馬に指名住所は必須なの?

本来は氏名を書くのですが、見られて困るならイニシャルでもよいそうです。最近は個人情報保護シールが添付されている絵馬が販売されています。それで隠すといいでしょう。

絵馬を書いたら?

初詣 絵馬 奉納

願い事を書いた絵馬は神社に祈願奉納して頂けます。※絵馬のかかっているところに掛けるだけです。

絵馬を自宅に持ち帰ってお供えする例もあります。願いが叶ったら神社にお礼参りしてお返ししましょう。※合格祈願など。

他人の絵馬の願い事を見るのは悪い?

神社で奉納されている他人の絵馬が見えてしまうことがあるでしょう。何をお願いしているのか気になりますが、他人の心を覗くようで悪い気がしますね。

気にしない。気にしない。

絵馬をかけていただける期間は?

絵馬 焚き上げ

神社によって対応が違うようです。

  • そのまま朽ち果てるまで置いている
  • 1年毎に焚き上げる

私が知る限り、後者が多いですね。※とんどで焚き上げなど。

願い事は1年毎がちょうどいいね。

願いが叶うまで何度も奉納していい?

1年に何度も絵馬を奉納しても願い事が叶うものじゃないでしょう。ある意味「願掛け」です。最後は本人次第です。

絵馬の奉納の回数、有効期限に決まりはないそうです。毎年利用している最寄りの神社に問い合わせてみましょう。

願いが叶ったらお礼参りを

神社へ願掛けばかりしてお礼を忘れてる人が多いです。願い事が叶ったなら願掛けした神社へお礼参りしましょう。※自宅に絵馬があるなら持参。

手軽なお礼参りはお賽銭箱にお賽銭を。お礼の気持ちを奉納します。今回の願いを叶えてくれたお礼として支払うのです。※お礼として奉納するお金。

これからも神社で絵馬に願い事を書くかもしれません。感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。