タオル臭い(洗濯しても)対策おすすめ取り方

タオルが臭い、いい匂いにしたい

洗顔タオルから手拭きのタオル(ハンカチ)まで、臭くなるタオル。臭くなるのを合図に交換していたけど洗濯しても水に触れると『臭い!』タオルにくっさい臭いが棲みつくと、洗濯をなんぼしようが洗濯槽を除菌しようが、無駄足に終わるんだよね。

洗っても臭いタオルは捨てるしかないと思ってたけど、実はちょっとした心がけでタオルの臭い予防ができるんだ。

今回はタオルを洗濯しても臭い原因、その臭いの予防方法とタオルに棲みついた臭いの取り方をまとめてみたよ。

スポンサーリンク

タオルが臭くなる原因とは?

あの臭いは雑菌がタオルで繁殖した結果のもの。

なぜタオルに雑菌が繁殖したかというと、湿って濡れた使用済みタオルを洗濯機の洗濯槽に放り込んで数時間放置したため。雑菌が繁殖した結果なんだ。

一度、臭いのついたタオルは、普通の洗濯じゃ臭いが取れないのが特徴だよ。

昔、学校で掃除に使ってた雑巾が臭くなるのも、完全に乾いてないままロッカーに保管してたからなんだな・・・と、つい思い出してしまったね(汗)

タオルが臭くならない予防方法を考えた

使用後に湿ったタオルは汗をかいた肌着と同様、すぐに洗濯するのが望ましい☆でもタオルは枚数が多いし、再々洗濯機回してたら勿体ないよね。

だからといって洗濯籠に使用済みタオルを蓄積させたら、雑菌が活動しやすい環境をわざわざ提供してるものだし。

濡れたタオル、洗濯時までどうするの?

使用済みタオルは干して乾燥させよう!洗濯籠の中で濡れたタオルで雑菌を増やすよりはましだよ。

※タオルハンガーなど。

【タオル類、交換の目安(一例)】

  • 洗顔タオル⇒朝と夜。
  • 台所手拭き⇒朝、昼。
  • バスタオル⇒毎日(でないと気持ち悪い)

洗濯機を回すまでタオルハンガー等で干す。洗濯機を回すのは夕方~夜。または翌朝。(am7:00-pm9:00)

梅雨時期から夏、冬の洗濯物の乾きにくい時期は、液体のワイドハイターを使うと雑菌の繁殖や臭い予防になるよ。


スポンサーリンク

タオル臭い、ベストな取り方(除菌)

既に雑菌が発生し、少々の水でもスエた臭いを放つタオル・・・。一度臭いのついたタオルは洗濯時に液体の漂白剤を加えても匂いが落ちない!

その臭いの原因である雑菌を殺菌するには『つけ置き洗い』がおススメだよ。

【用意するもの】

バケツ、お湯、粉末の酸素系漂白剤

【流れ】

  1. タオルを普通に洗濯する。※汚れを落とす。
  2. バケツにお湯をはり粉末の酸素系漂白剤を入れ、雑菌に汚染されているタオルをつけ置きする。★1時間程度。
  3. タオルをよく濯ぎ、お天道様が拝める天気の良い日に干して乾燥させる。

※つけ置き、すすぎに使うお湯は『水』を使うこと。お風呂の残り湯は様々な汚れ(?)が付着するのでおススメできぬ。

お湯の温度の目安は?

粉末の酸素系漂白剤の表示に温度表記があるので、それを超えないように。漂白剤が能力を発揮し易い温度、というものがあるらしい。

激熱の湯を入れるよりメーカー値に従うのが正解。

洗濯槽にお湯を入れるのは止めよう

バケツないし面倒だから洗濯機の洗濯槽にお湯を入れると故障するかもよ。そこそこの容量のバケツは値段高くないし用意しておこう。

まとめ

  • 湿ったタオルは干して洗濯、臭い予防
  • 臭いのついたタオルはつけ置き
  • 使用頻度の高いタオルは替えを多く準備

スポンサーリンク

シェアする