旦那お小遣い何割?内訳は?その使い道

先日、友達とお茶してて話題になった旦那のお小遣いの話。なんでも彼女は新婚ほやほやで、世間のサラリーマンのお小遣いの平均に習って、3万円渡してたのだけど半月で使い果たしちゃってるみたいなのよね。

旦那のお小遣い

足りなくなったら、その都度お小遣いを渡してるらしいの。これって小遣い渡し過ぎかも・・・と悩んでいるみたい。それで私らの家庭では旦那にお小遣い、どのくらいあげてるの?という話になったのよ。

まぁ、これは旦那さまのお仕事や家庭の環境で違いがあるから、うちのお小遣いの金額を言ってもあまり参考にならないと思うのよね。

そこで彼女に月収(手取り)の一割で出してみたらどう?とアドバイスしたんだよ。あと、どこからどこまでが小遣いで、どこまでが必要経費かハッキリさせていいとかね。

今回は新婚の奥さん向けに旦那さんのお小遣いについて記事を書いてみたよ。

スポンサーリンク

旦那のお小遣い、手取りの一割が妥当?

一般的に語られるサラリーマン一ヶ月のお小遣い平均額は、だいたい30,000円から35,000円と言われてるね。でも、お小遣いの使い道や家庭状況で変わってくるので、あまり参考にならないと思うなぁ。

世間では手取りの一割が小遣いの目安という話だよ。収入と上手く折り合いをつけれる金額だと思うのだけどね。

まぁ、一割といっても手取りが20万を切ってくると厳しくなってくるので見直しが必要になるよ。

夫婦のお財布は一つにすべき?

これは私の考えだけど共働きでも片働きでも、家計の財布は一つにしてお小遣い制にしておくのがいいと思うのよね。

独身の頃は自分の為だけのお金だけだからいいけど結婚して家庭をもったら、その収入は『世帯収入』で家族全員のお金になるからね。

だから『働いた金は全て自分のもん』では困るわけで、使うときは家族で話し合いたいよね。

でも、それじゃ非常に窮屈な生活になるから『お小遣い制※』にしたらいいと思うんだよ。日常の家計は一つの財布にして、その中から決まった額のお小遣いを出そう。

※家計を圧迫しない程度に自由に使えるお金のこと。

旦那のお小遣いの範囲は【一般的に】

お小遣いは自由な用途に使えるものだけに絞るのがポイントだよ。

【お小遣いから】

  • お菓子、飲み物など (コンビニ、自動販売機)
  • タバコ(一番、小遣いを圧迫。その中で上手にやりくりしてもらう)
  • お酒、呑み(プライベート、私的なもの)
  • 遊興費(パチンコなど、やる人)
  • 雑誌(車雑誌や漫画など)

【家計費から】

  • お昼代(これはお小遣いにしたくない<生きる費用>)
  • 交通費(ガソリン代や電車代)
  • 散髪代(できれば理容室、1000円カット大歓迎)
  • 携帯費(安いプランを追求。課金物はお小遣いで補填)。
  • スーツ、靴代(ちょっと値がはるスーツはボーナス時に購入とか)
  • 仕事のスキル、キャリアに関するもの(熱心に取り組んでるなら応援しよう)
  • 会社の歓送迎会(これは家計から出す。職場の行事で強制参加だと思うので。)

お小遣いの使い道

夫婦といえども個々の人間だから、お財布の話でもふれたけど、自由に使えるお金を持っておくのは大切。

お互いの使い道は深く詮索しないのが大切だね。・・・ただし、お小遣いを渡しても半月も経たず使い切ってしまうのは問題!

お小遣いを一ヶ月分、四週に分けて渡してやりくりしてもらうと上手くいくかもよ。※1日か2日おきに渡す方法もあるね。

金銭感覚の鈍い旦那を納得させるには

これは聞いたことのある話だけど独身感覚が抜けないのか、結婚して気づいた旦那の浪費癖。

これから先は二人のお金でやってくしかないのだから、週に1回、旦那に家計簿を見せて、旦那さんにお金の動きを見てもらうのも一つの方法だね。

※あと毎月、お小遣いの金額を見直すこと。

月々の支出を夫婦で共有すれば、なにがどれくらい使えるか自然とわかってくるし、お小遣いを減らす事になってもしばらく頑張ろうか・・・となる気になると思うのよね(汗)

とにかく夫婦で話し合うことコミュニケーションが大切だね。

まとめ

旦那のお小遣いの金額や内訳などをお話したけど、忘れてはならないのが『旦那さんへの感謝』。共働きでも世帯収入は旦那が占めるだろうから、日ごろの苦労を労った上で我家のお金の話をするようにしたいね。

カテゴリー:小遣い

スポンサーリンク

シェアする