赤ちゃん、うなぎいつから食べれる?離乳食としては?

夏のスタミナ食と言えば『鰻(うなぎ)』だよね。7月、土用の丑の日にはウナギかば焼きを1パック買って、『うなぎのひつまぶし』にして食べてるよ。小学1年の息子はウナギ蒲焼をご飯にのせて元気いっぱい食べてる☆幼稚園に通ってる娘は小骨のある魚がまだ苦手で、そこは気を使って調理しているよ。

そうそうウナギはもちろん国産だよ。高いけどね(汗)まぁ、一年で滅多に食べるものじゃないし頑張った家族のご褒美って意味で頂いてる☆

【さぁ、本編だよ^^;】

赤ちゃん うなぎ いつから

ところで最近、ネットサ~フィンしてて気づいたんだけど、ウナギを1歳後半~2歳くらいから食べさせてる方が多かったこと。ウナギは赤ちゃんには精が付き過ぎそうな感じだけど、正直どうなんだろうね?ちょっと調査してみたよ。

スポンサーリンク

ウナギは何歳からOK?離乳食としては?

ネットで調べてみると2歳以降に食べさせている方が多いみたい。

【子供のウナギデビューの傾向(ネット調べ)】

  • 1歳半から2歳

ウナギの脂分と小骨が気になる

ウナギのあの旨さってズバリ『こってりした脂』と『あのご飯も旨くなるタレ』だと思うんだ。ただその旨みの特徴が、赤ちゃんや幼児には脂分が多くタレも濃いくて、体にはまだ強すぎると思うんだ。

幼児食の本にウナギの記述がないか調べてみたけど見当たらなかったな。赤ちゃんや小さい子供には食べさせるには早いよって意味かもしれないね。

それから小骨も少なくないから気をつけておかないと、運が悪い人は大人でも骨が喉に刺さるからね。※経験者(汗)

ウナギで魚嫌いになった!?

魚の小骨が大人で大丈夫と思っても小さい子供には気になるから、骨を丁寧に取り除くことが大切だよ。魚の骨が口に入って不快な思いをして魚嫌いに・・・なんて事があるから。※喉に骨が刺さった部分が炎症を起こすことがある。耳鼻咽頭科へ。

もしウナギを食べさせるなら

離乳食期

小骨が多く脂も多いから離乳食には不向きだと思う。タレも濃いし。

3歳~

  • 小さく切り食べやすいサイズに。
  • 大きい骨は勿論、取れる骨は取り除いておく(でも完璧に取り除くのは無理かも)
  • タレなし。味付け(タレ)するなら薄くする。

ウナギはカロリーが高そうで気になるけど滅多に食べれるものじゃないし、とにかく『小骨』に気をつけよう。

ウナギのひつまぶし(子供向けに)

では、我が家の土用の丑の日に食べているウナギ食を紹介するよ。うなぎの蒲焼を使った『ひつまぶし』。子供が食べやすいように、身を細切りにしていくのがコツ。目立つ骨が残ってないかチェックをしよう。

ウナギのひつまぶしの作り方動画を見つけたので紹介するよ。

結局、ウナギは何歳から?

個人的には3~4歳くらいかな~。うちは幼稚園に上がる頃に『うなぎデビュー』したよ。まぁウナギなんて一年に数回だし。食べるときは細かくカットして少量ずつ与えてアレルギーがないか注意しようね。くれぐれも骨には気をつけてね。

スポンサーリンク

シェアする