インフルエンザと風邪の見分け方!違いは何だ?

インフルエンザ 風邪 違い イラスト

毎年流行するインフルエンザ。予防接種してても運が悪くて発病してしまった・・・なんて話聞いたことあるよね。この時期は頭痛や咳が出始めると「よもやインフルエンザでは?」と心配にならない?インフルエンザと風邪の見分け方をまとめてみたよ。

スポンサーリンク

インフルエンザの見分け方、前兆は?

風邪は最初は喉が痛い、咳が出た、うーん熱があるかも・・・と、だんだんと進む感じで、生活や仕事ができないほどの症状じゃないよね。

その一方でインフルエンザと風邪は何が違うかというと「劇的」という言葉が似あうほど症状が劇的に進みます、インフルエンザは。

まずは前兆を調べてみましょう。

インフルエンザの前兆

  • 突然の発熱と頭痛が始まる。
  • 咳と発熱が同時なら可能性が益々高い。

前兆と書いたけど本症状が出るまであっというま(経験語る)

実際にインフルエンザの潜伏期間は1~2日と言われます(汗)

インフルエンザと風邪の症状の違い

全身に強い症状が出るのが特徴です。

  • 高熱が3~4日続く。
  • 強い寒気がある。
  • 咳がたくさん出る(鼻水も)
  • 喉も痛い(唾が飲めないほど)
  • 関節や筋肉が痛む。

普段の生活が送れないほど体調悪くなる。ここが風邪と明確に違うところ。

↑ここ重要。

辛いのはインフルエンザ中盤から咳・鼻水が強くなることろだよ。(経験語る)

インフルエンザに風邪薬は効かない

インフルエンザに風邪薬は効きません!風邪のように市販薬を飲んで自宅で静養して治るもんじゃないの。

先ほど紹介したインフルエンザの前駆症状を感じたら、早めに病院に行きタミフル等の抗ウイルス薬を処方してもらいましょう!

まとめ

インフルエンザと風邪の見分け方を紹介したけど、とにかく突然の頭痛と発熱、咳も始まったらインフルエンザの可能性が高いと思うから、早く病院で診てもらおうね。

カテゴリー:呼吸器の病気

スポンサーリンク

シェアする