ソフトバンクから格安simへ乗り換え(MNP)

大変ッ!!ガラケー(ソフトバンク)の液晶の表示が変~!このガラケーも寿命だね。
ガラケー 寿命

5年以上使用しているガラケーも不具合が目立って年貢の納め時。

機種変更を考えるところだけどガラケーは絶滅危惧種で今やスマホが主流。でもスマホは通信料が高いイメージで手を出しにくいですよね。※ガラケー月の払いは約4,000円なり。

となると次は「格安スマホ」が選択肢に入ってきます。

格安sim 乗り換え

正直、ド素人なのでサッパリ(難しい)。
スポンサーリンク

格安スマホの通信サービスはよりどりみどり

「格安スマホ」と検索すると様々な通信サービスが出てきます。DMMモバイル、LIBMO、ワイモバイルなど。

うーん、たくさんあって何のことやら。

どこの通信サービスも大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線を借りて運営しています。基地局の設置や店舗を設けずコストを削減しているので、それが「格安スマホ」といわれる所以なんですね。

ふーん、なるほど。スマホは高いと思ったけど、これなら手が出せそうだね。
格安スマホはこんな人に向いている
  • スマホに変えたいけど通信料が高くて手を出せない
  • スマホの使用料金が高く見直したい

格安simとは

格安simカード

simカードとは携帯電話に挿入して使うICカードです。これに電場番号などが登録されていきます。simカードが携帯電話に差さってないと通話することができません。simカードがない携帯電話はただの箱なんです。

ガラケー時代のsimカードはNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの三社だけでした。さらに自社で販売された携帯電話では他社のsimカードは使えない仕様だったのです。

うーん。まさに鎖国時代だね。

格安simとは大手キャリアのsimカードより月額料金が低いサービスを提供しています。そしてキャリアに縛られない格安simカードが使える「simフリーのスマホ」を購入することで格安スマホを利用できるのですね。

ふーん、格安simとsimフリーのスマホで「格安スマホ」なんだね。

ガラケーからスマホを購入するなら、格安simsimフリースマホの組み合わせになります。※ソフトバンクからMNPをえて。

ソフトバンクから格安simへ乗り換えの流れ


ソフトバンク mnp

まずソフトバンク(ガラケー)から格安スマホへ乗り換える流れをまとめました。※MNP予約番号を発行する前に、希望の格安simサービスとスマホを決めておきましょう。

1.ソフトバンクポイントを使い切る

長くソフトバンクを利用しているとポイントもたまってるはずです。「my softbank」で残額を確認し乗り換える前に使っちゃいましょう。

2.契約更新月を確認しておく

電話(157)かネット「my softbank」で確認できます。契約期間中(1~2年)に解約すると違約金(9,500円)がかかります。MNP、即ち解約ですから契約更新月に行うのがベストです。

3.MNP予約をする

MNP予約番号をソフトバンクから発行してもらいます。これを新たな契約先に届け出ることで、今使っている携帯電話番号を変えることなく利用できます。MNP予約番号には発行した日を含め15日間という有効期限があります。

新しい契約先で開通するとソフトバンクは自動的に解約となります。この時点でMNP予約の料金が請求されます。※MNP予約番号はSMSメールで予約内容通知が届きます。対応している場合。

MNP転出手数料3,000円なり

4.MNP予約番号を使って格安simを申し込む

予め決めておいた格安simサービスに申し込みましょう。できれば当日。

5.格安simが自宅に届く(数日後)

同封の書類を見ながら開通の手続きをします。格安simをスマホに設定し開通後、ソフトバンクのガラケーが使えなくなります。※この時点でMNP予約の料金発生。

ここで格安スマホデビューだね。

スポンサーリンク

どんな格安simを選ぶのか

MNP(乗り換え)なので音声通話機能付きの格安simを選びます。格安simには「ドコモ系」「au系」「ソフトバンク系」があります。※大手キャリアの回線を借りているので。

格安simサービスを見ていってみましょう。

mineo(マイネオ)

特徴

  • マルチキャリア対応(ドコモ・au)
  • 7種のデータ容量(500MB~:1,400円~)
  • 余ったデータ容量は翌日に繰り越し
  • 10分かけ放題 月額850円(または月30分通話で840円)
  • データ通信+音声通話3GB→1600円
  • 留守電サービス300円/月
  • 縛りが1年(sim契約のみ)
  • 利用開始月の月額料金は→日割り計算

基本通信料算出:データ通信+音声通話+かけ放題+留守電→約2,800円

公式サイトへmineo(マイネオ)

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの流れ

UQモバイル

特徴

  • 通信品質を売りに
  • 余ったデータ容量は繰り越し
  • 電話かけ放題(5分以内)+データ容量2G(プランS)1,980円※月額料金は1年間、データ容量は2年間
  • 留守電(電話基本パック)380円
  • 縛りは2年
  • 利用開始月の月額料金は→日割り計算

初年度だけで計算すると。基本通信料算出:データ通信+音声通話+かけ放題+留守電→約2,400円

公式サイトへUQモバイル

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの流れ

1年目を安く抑えたい人は候補に入れてもいいかも!?

IIJmio(みおふぉん)

特徴

  • マルチキャリア対応(ドコモ・au)
  • 高速通信ON/OFFでデータ量を節約
  • 余ったデータ量は繰り越し
  • データ通信+音声通話3GB→1600円
  • 電話かけ放題(誰とでも10分&家族と30分:830円)
  • 留守電300円
  • 縛りが1年(sim契約のみ)
  • 利用開始月の月額料金は→日割り計算

基本通信料算出:データ通信+音声通話+かけ放題+留守電→約2,700円

公式サイトへIIJmio(みおふぉん)

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの流れ

BIGLOBE SIM

特徴

  • ドコモ回線かau回線
  • 初月は初期費用のみ(3,394円)
  • 音声通話+データ3GB:1,600円
  • 電話3分かけ放題か最大60分通話:650円/月
  • スマート留守電:290円/月
  • 利用開始月の月額料金は→無料

基本通信料算出:データ通信+音声通話+かけ放題+留守電→約2,500円

公式サイトへBIGLOBE SIM

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの流れ

LINEモバイル

特徴

  • ドコモ回線
  • 初月無料(月額基本利用料)
  • 音声通話+SMS+データ3GB:1,690円/月
  • 10分電話かけ放題:880円/月
  • 留守電:300円/月
  • 余ったデータ量を繰り越し
  • 利用開始月の月額料金は→無料

基本通信料算出:データ通信+音声通話+かけ放題+留守電→約2,900円

公式サイトへLINEモバイル

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの流れ

楽天モバイル

特徴

  • ドコモ回線
  • 通話sim+3.1GB:1,600円/月
  • 国内電話5分かけ放題:850円/月
  • 留守電:300円/月
  • 余ったデータ量は来月繰り越し
  • 1年使用後は契約解除料0円(組み合わせプラン)
  • 楽天会員に限り1年目1,980円/月(スーパーホーダイ)
  • 利用開始月の月額料金は→組み合わせプランに限り無料

基本通信料算出:データ通信+音声通話+かけ放題+留守電→約2,800円

公式サイトへ楽天モバイル

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの流れ

OCNモバイルONE

特徴

  • ドコモ回線
  • 高速、低速通信の切り替え(節約)
  • 初月は初期費用のみ(3,394円)
  • 音声通話+データ3GB:1,800円/月
  • 10分かけ放題:850円/月
  • 留守電:300円/月
  • 利用開始月の月額料金は→無料

基本通信料算出:データ通信+音声通話+かけ放題+留守電→約2,900円

公式サイトへOCNモバイルONE

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの流れ


スポンサーリンク

格安simを音声・データ3GBで調査した結果

月額の通信料は概ね3,000円台でした。

内訳

  • 音声通話+データ通信(3G)・・・1,600円前後
  • 電話かけ放題(3分~10分)・・・850円前後
  • 留守電・・・300円

※動画見ない、音楽も通信使って聴かないを想定。自宅にwifi環境ある。

なるほど!web閲覧中心で格安sim購入を考えた場合は月額使用料は3000円前後と考えておこう!

各社の格安simサービスのメリットをまとめると次のようになりました。

格安sim、なにが決定打になるか
  • 格安SIMで速さを求めるならUQモバイルか
  • 1年目だけを安く抑えたいならUQモバイル
  • OCNモバイルoneは大手(NTT)の安心感がある
  • 縛りが1年のみはmineo、IIJmio。sim契約だけなら選択肢に入る
  • 基本料金が初月無料なのはBIGLOBE SIM、LINEモバイル、楽天モバイル(条件あり)、OCN モバイル ONE
乗り出し(1年目)の安さか、大手の安心さか。よく吟味してみましょう。

再度チェック格安simを比較してみる

まとめ

最後に注意すべき事柄をまとめました。

契約の縛りについて

契約の2年縛り(最低利用期間)や違約金が無くとも、そこでsimフリースマホを分割(24回(月)払い)にしていれば2年契約になります。2年縛り無しのメリットを生かすならsimフリースマホは別で購入しましょう。※自分で購入する場合は、契約する格安simが動作確認できているか確認すること!

通話に関して

1日に電話を10~20分程度するなら「電話かけ放題」に加入していると安心です。だいたい20円/30秒ですから1ヶ月の通話時間が1時間の場合2,400円になります。電話かけ放題はオプションで850円前後ですから通話する回数がそこそこある方は加入しておいて損はないでしょう。

格安simとの上手な付き合い方

大手キャリアの回線を借りている格安simは速度が劣るのは事実です。人が集中する都会では回線が混雑するので昼間や夕方はwebページ閲覧も体感的に遅いと感じるときもあるでしょう。そこは割り切るしかないしょうね。

関連の話題
格安simを比較してみた

ソフトバンクから格安simへ乗り換え方法


スポンサーリンク

シェアする