軽ハイブリッドの燃費を比較

軽自動車 ハイブリッド

最近は軽自動車で「~ハイブリッド」という車を見かけるようになりましたよね。実はトヨタのプリウスのハイブリッドようにモーターだけでEV走行はできなくて、エンジンが苦手とする「低速のときの走行」「走り始めたときの走行」を助けるためだけの簡易的なハイブリッドなんです。

簡単に説明すると「ちょっとエンジンをお助けするモーターアシスト車」なんです。※旦那いわく。アイドリング・ストップの進化版。

軽自動車の主な価格帯が良いグレードで130万~なんで、普通車のハイブリッドシステム相当のシステムを組み込むと割高になってしまいますから。

まぁ、軽ハイブリッド(マイルド)に普通車ハイブリッドのレベルや使い勝手を期待するのは無理ってもんでしょう。

  • 軽自動車・・・ランニングコストが安く、日常使いがいい
  • ハイブリッド(普通車)・・・税金・維持費が高いが遠出がラク

では使用目的が同じな軽自動車のハイブリッド(簡易的)と普通の軽自動車の燃費を比較すると、どっちがオススメでしょうか。

そろそろ車の買い替えが気になるしね。調べてみたよ。
スポンサーリンク

軽ハイブリッドの燃費はいかに

2018年に新車で軽自動車のハイブリッド車を買うとなるとスズキ車しかラインナップがありません。「マイルド ハイブリッド」と呼ばれていますね。

<マイルド ハイブリッド搭載車>

  • ワゴンR(スティングレーはターボ)
  • スペーシア

発進後~加速時のモーターアシスト、あと条件付きですが最長10秒はモーターによるクリープ走行ができるそうです。言うまでもなく軽自動車でターボなしはビックリするほど遅いです。

例えば4人乗車での加速時や高速走行などエンジンの非力さを感じます。このモーターが中加速でどの程度アシストするか試乗して確かめてみたいですね。

燃費が悪くなる一因である「アクセルを強く踏みこんだときの発進後~加速時」をモーターが助けるとすれば、ハイブリッドなしの車より燃費も向上するだろうし運転もラクになりそうです。

軽自動車で一番燃費が良い車と比較

2018軽自動車で一番燃費が良いとされる車は「スズキのアルト」です。ハイブリッドやターボも付いていませんが、燃費に貢献しているのが「軽さ」です。新型アルトはボディー(骨組み?)を新開発しており軽さと剛性を両立しています。

ただアルトはハッチバックなのでワゴンRより狭く感じますね。

軽ハイブリット搭載と非搭載を比較

軽自動車よく買われる価格帯でピックアップしてみました。

<2018年 新車で買える軽自動車>

  • ワゴンR(HYBRID FX)2WD・CVT・・・ 1,177,200円
  • ワゴンR(FA)2WD・CVT・・・ 1,078,920円※ハイブリッドなし
  • アルト(S)2WD・CVT・・・ 1,002,240円※ハイブリッドなし

日々の通勤やお買い物で1~2人しか乗らないならハイブリッドなしのワゴンR(FA)かアルト(S)でいいのかなと思います。ただ4人乗車だと走る場面によっては非力さを感じると思うので、少し予算を増やせるならワゴンR(HYBRID FX)を入れるのもありだと思います。※ターボ車じゃないので過度な期待もあれですが(と旦那が)

試乗できる機会があったらディーラーで試乗して、軽ハイブリットのモーターアシストの感じを体験してみましょう。

比較したい最後の答えは試乗にあり!だね。