栗拾いのナイスな時期は?体験を語る

秋の風を感じ始める9月中旬。そろそろ栗拾いの季節です。ちょっと早かったですが某栗園(栗山)にて栗拾いに行ってきました。

  • 広島の有名な栗園【栗山】
  • 山間部の田舎にある。車がないと厳しい。
  • 栗のみ。他の果実なし。※柿は少々あった(柿は取ってないよ)
  • 急峻な山道。サンダル厳しい。
  • とにかく栗が多い。

栗拾い 画像 1

mama
山栗と違って大きい栗だったよ♪

今回は美味しい栗が拾える時期と栗狩りの体験談を語ります。

スポンサーリンク

栗拾いの時期【ズバリ食べ頃は】

栗拾いが楽しめる季節は9月中旬~です。美味しく食べれる栗を拾えるのは、産地によって違うのでお住いの地域の栗園でチェックしてみましょう。

ちなみに広島ではシーズン・インは9月中旬ですが、美味しく食べれるのは9月下旬から10月中旬前後でした(2016年は)。広島県でも西と東では食べ頃の栗が拾えるシーズンが微妙に違います。

栗拾いはこんな場所で楽しめる

  • 【農園タイプ】様々な果物を楽しめる場所。そこに栗の木もある。
  • 【栗山タイプ】様々な品種を植えてあるケースが多い。
mama
私たちは栗山に行ったよ。

栗拾いで必要なもの、装備は

栗山は普通の山ですから半袖・半ズボン・サンダルでは色々と厳しいです。蚊がいますしスズメハチの来襲やマムシが出る可能性があります。落ちた栗を拾うのはそんな場所なので装備に気を使ったほうがいいですね。

山道も平坦でないし道が濡れていると滑る恐れもあるので、靴底に溝のあるグリップが効いたのがいいです。

↓装備の一例

  • 長袖
  • 長ズボン(またはスニーカー)
  • 長靴
  • 軍手(ゴムがいいかも)
mama
しっかりした履物を準備すること。油断するとケガする可能性があるので注意☆彡

栗拾いの料金と持ち帰りの相場は

今回の栗山の入場料に関しては450円必要でした。※大人一人の場合。後に行った梨狩りは入場料が無かったのですけどね。色々なパターンがあるようです。

栗の持ち帰りは1kg1000円前後でした。今回は4kgぐらい拾ったので約4000円でした。

栗拾い 画像 2

mama
う~ん、大漁大漁

栗拾いのコツ、どんな方法で

栗山に入る前に小さな手提げ籠とトングを借ります。この道具を駆使して地面に落ちている栗を拾っていくのです。※木の幹を蹴ったらダメです。

山道沿いに散策しながら栗を探しました。

栗の木の下を検索する

狙うは地面に落ちてある毬栗です。衝撃で割れて中身の栗が見えてあるものは楽でした。

mama
栗拾いしていると自然に「ボテッ」と落ちてくることもあったね。

割れてない毬栗はトングで上手に開けましょう。履物によっては棘(トゲ)が貫通するので痛いですよ(汗)

緑色の毬栗は中の栗も未成熟なので無視しましょう。

美味しい栗の見分け方

実際に栗を手に取ってみたらわかるけど、美味しい栗は茶色くツヤとハリがあるのが狙い目です。栗の皮にシワが入ってて痩せてる物は拾わないようにしましょう。

虫食い栗の見分け方

栗を拾ったら穴が開いてないか確認しましょう。すでに虫に食われた栗です。せっかく遠くまで栗拾いに来たのだからチェックしましょう。

>>栗の虫食いの見分け方!穴がなくても見破る!

mama
持ち帰りの栗を清算するときに、出来の悪い栗や虫食いがないかチェックしてくれたよ。

栗拾いしてその場で食べれる?

リンゴ狩りのようにその場で栗を食べれることを想像される方もいると思います。栗園によっては収穫した栗を「焼き栗」や「栗ご飯」にしてくれる園もあります。時間があれば調理してもらうといいでしょう。

私たちは収穫した栗を持ち帰りました。ビニール袋に入れた状態。

栗を持ち帰った後の保存方法

栗の中に栗虫の卵や小さな幼虫が生きてる可能性があるので、殻ごと湯がくなりして栗虫対策をしておきましょう。

>>栗の保存方法、冷凍か冷蔵か!必要な下処理

まとめ

栗園に行くなら底がしっかりした靴を履いていきましょう。あと長袖長ズボンであると安心です。※虫がね。

栗園の栗は大きくて身がしまってて美味しいです。栗拾いを一度体験してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする