寒暖差で咳が子供にも!アレルギーのチェック方法

最近、朝・昼・晩の気温差が原因なのか体調不良を感じたことがない?例えば咳や鼻水が続いたり、そして止まらない「くしゃみ」とか・・・。

寒暖差アレルギーとは?

花粉症や風邪と類似する症状があるから、そうなのかな~と思う事もあるけど。実は「気温の寒暖差」で体調を崩す事があるんだよ。季節の変わり目は昼と夜で気温差が大きいからねぇ。

天気予報のお姉さんが「体調に気をつけて下さいね~」と注意喚起するのは、そんな意味があったんだね。これが原因で現れる症状を「寒暖差アレルギー」と言うんだ。今回はこの話をするよ☆

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーとは

朝・昼・夜の気温差が大きい日に、引き起こされるアレルギー症状なんだ。例えば、早朝に出勤する時に鼻水が「ツー」と垂れる時がある。それこそ「寒暖差」が影響しているのだ。咳や鼻水の他に、こんな症状があるよ。

▼寒暖差アレルギーの症状

  • 咳、くしゃみ、鼻水(鼻づまり)
  • 頭痛
  • 食欲不振

この症状。思い当たりがある人もいるでしょう。しかし・・・。実は寒暖差アレルギーの原因は完全に解明されてないんだ。

ただ一つ。これらの症状は自律神経の乱れが影響してるのだ!

なぜ寒暖差が自律神経に影響を与えるの?

なぜ大きな気温差で体調を崩すのか。人間には気温にあわせて体温を調節して適応させる機能ある。その役目を担ってるのが自律神経なんだ。

ところが寒暖差が大きいと自律神経がうまく働かない。だから先ほど紹介したような症状を起こすんだ。

うーん・・・。ここ最近、異常気象なのか朝と晩で気温差が大きい日があるからね。メディアで取り上げられることもあったし、寒暖差の体調不良で悩んでる方が多いのも頷けるね。

ただ、この寒暖差アレルギー。季節によっては花粉症か風邪か、どっちなんだろう~と、判別に困っちゃう事があるんだよ。

寒暖差アレルギーをチェックするには

花粉症や風邪が流行ってるシーズンは寒暖差が大きい季節に当たることもある。本人が気づかぬうちに寒暖差アレルギーになることがあるんだ。

花粉症や風邪の症状が続くな・・・と思ったら以下の項目をチェックしよう。「寒暖差アレルギー」かもしれないよ。

【症状チェック】

  • 目の充血がない(充血してたら花粉症の可能性)
  • さらさら鼻水(黄色ぽい、ネバネバ鼻水なら風邪の可能性)
  • 熱がない(発熱があれば風邪の可能性)

鼻水が黄色っぽくなってきたら、風邪の引き始めかもしれないね。

耳鼻科で花粉症の検査をすると、花粉症の原因となる「アレルゲン」が特定できる。何も出てこなければ「寒暖差アレルギー」である可能性があるし一つの判断基準になるよね。

うやむやに自己判断で症状を長引かせるより、お医者様に診てもらうのが近道だと思うよ。

寒暖差アレルギーは小さな子供にも影響が

幼稚園に通ってるような小さな子供にも、寒暖差アレルギーで鼻水や鼻づまりが発生することがあるよ。気温の温度差で鼻の粘膜が腫れちゃうんだ。

大人より子供に症状が出やすいらしいので気を付けないといけないね。

寒暖差アレルギー、どう向き合う?

残念ながら「寒暖差アレルギー」に効く薬はないらしい。※と聞いている。

寒い日は重ね着を工夫したり、暑い日はこまめに服を脱いだりして身体に負担をかけないようにしたいね。

  • マスクを活用(喉を保護)
  • 寒い日は足を冷やさぬように。
  • シャワーですまさず湯船で暖まろう。

あと男性より筋力の少ない女性が寒暖差アレルギーになりやすいと聞くから、日頃ウォーキングなどして運動不足に気をつけておくといいかもね。

寒暖差がある日はいつも以上に健康に気をつけて風邪をひかないようにしよう!

参考サイト:
花粉症でも鼻炎でもないのに、咳やくしゃみ、鼻水の症状が出たら要注意!この季節を悩ます「寒暖差アレルギー」のメカニズム|カラダStyle for MEN|現代ビジネス

スポンサーリンク

シェアする