赤ちゃんの粉薬飲ませ方

子供のお薬

低月齢の赤ちゃんでも処方されることのある「粉薬」赤ちゃんは粉薬を口の中に含ませて飲ますことが出来ないからね。多分、処方される時に説明されると思うけど、粉薬を水に溶かすかペースト状にしてお薬を飲ます方法を紹介するよ。

スポンサーリンク

1.粉薬をペースト状(団子)にする

粉薬を少量の水で練って指先に取り、口の「上顎の内側」か「頬の内側」に付けて、ぬるま湯(白湯)を飲ませること。舌など味覚を感じない部分に付ける事で苦味が広がらないようにするのがコツだよ。

【ペースト(団子)式】

  1. 指やお椀など消毒。※口に直接入れるものなので。
  2. お椀(皿など)に粉薬を入れ、薬の量を見つつ水をスポイトで約1~2滴入れる。
  3. 練薬を指に取り、「上顎の内側」か「頬の内側」に塗る。
  4. 白湯を飲ませる。

2.粉薬を溶かす

少量の水を入れたコップに粉薬を溶かして一気に飲ませる方法。後に水をゴックンさせると口の中に苦味成分が残らない(多分)意外と一瞬で飲めるので、これでお薬飲める場合も。

※スポイトで飲ませる場合は頬の内側にして水を飲ませないと苦味が広がるよ。

【溶かして飲ませる】

  • コップに粉薬を入れる。
  • ぬるい湯で粉薬を解く。※一口で飲める量。
  • 時間を置かずコップの底に残らないうちに飲むこと。

溶けにくい粉薬もある

水に溶けないからって時間を置いたり粉薬を磨り潰すと、成分が変化したり苦味が増す事があるよ。

粉薬、好きなものに混ぜたらダメ?

赤ちゃんに処方される薬は市販薬のように万人向けでなく、個人の症状に合わせて処方されたもの。初の粉薬で不安ならお医者様か薬剤師さんに、粉薬の飲ませ方や水以外で混ぜれるものなど相談してみるといいよ。
赤ちゃんのお薬メモページへ

スポンサーリンク

シェアする