雪をノーマルタイヤで運転!限界は何センチ?4wdなら走破可能か

うわー突然の大雪だ~。車のタイヤノーマルなのにどうしよう。・・・と、雪道で立ち往生している車を毎年見るよね。
雪 ノーマルタイヤ 限界 何センチ

会社から帰宅するとき突然の大雪になって、ノーマルタイヤで帰宅を試みる車、確かに毎年見ますね。本来は雪シーズン前にスタッドレスタイヤに交換しておくべきですが、雪が降ってからでは遅いです。

そもそもノーマルタイヤで雪道をどれほど走れるものなの?※試したくはないけど。

雪道に強いとされる4WD車でもノーマルタイヤで雪道を走るのは無謀です。突然の大雪で路面が白くなり始めたら雪が降ってないエリアへ引き返すべきです。※それか走行をやめるか。

最悪、車で野宿になっちゃうね。

今日は雪道をノーマルタイヤの限界に挑戦のは無謀だ、という話をします。

スポンサーリンク

雪道ノーマルタイヤで運転!積雪の限界は何センチか

参考になった動画を紹介します。舗装路から雪道へ変わる動画です。

  • 0:00~1:00 ここまでなら走れそう(私ならここまで)
  • 1:05~1:40 路肩に雪があるが、水がシャーベットのようだ。カーブは危なそう。
  • 1:41~2:00 そろそろスタッドレスが欲しい。
  • 2:01~ スタッドレスタイヤが必要な世界。

※私はこのような状況では、ノーマルタイヤでは走りません。

限界が何センチうんぬんより路面が白くなり始めたら、先へ運転して行くのを考え直すべきです。このまま雪が降り続くとノーマルタイヤは簡単に限界を超えて(滑って)走行不能になります。

道路は平坦な道ばかりではありません。登り道もあれば下り坂もあります。車が雪道に弱いのは登り道と下り坂です。あなたが平坦な道を運転できても、登り坂で上がれず下り坂では滑ること間違いなしです。※路面状況は一定ではありません。場所によっては凍結しています(橋や普段から濡れてるカーブ)。

チェック

積雪が始まった路面状態は刻々と状況が変わることをおぼえておく

無理して雪道を運転して進むより、引き返す勇気も必要だね。

雪道ノーマルタイヤで運転するリスクを知っておく

雪 ノーマルタイヤ リスク

路面に雪が積もりはじめてるのに、運転を強行したらどうなるでしょうか。雪道のノーマルタイヤで一番のリスクは『登り坂の立ち往生』と『下り坂の制御不能』です。

  • 登り坂の立ち往生・・・車が滑って下がり衝突、脱輪
  • 下り坂の制御不能・・・車が滑って止まらず衝突、脱輪

とくに恐ろしいのは下り坂です。滑り始めると止まりません。車や人に衝突したら・・・と思うと恐ろしいですよね。この結果のイメージを忘れないように。雪道でノーマルタイヤは一番弱いのです。

チェック

雪道で車が滑り始めたら衝突するまで止まらない。

ノーマルタイヤで雪道を走るのは無謀だわ。

===> NEXT 実は雪道をノーマルタイヤ走行するのは違反であるの知ってました?

スポンサーリンク
この記事を書いた人

この記事を書いた人

どうも!ともでーす!

「THE NONBIRI LIFE」広島在住、お好み焼きとつけ麺をこよなく愛する主婦

詳しいプロフィールはコチラ

おすすめ記事&スポンサーリンク