大晦日の過ごし方!家族でインドア編

大晦日は帰省や自宅であれ、元旦まで家の中で過ごすことが多いよね。今年は何をして過ごすのかな?
大晦日 過ごし方

ご家族で大晦日の過ごし方は、家族の数だけ様々だと思いますが、その一例として古今の話題を交えつつまとめてみました。

大晦日の食事に関しては大晦日の食事メニューで書いています。シチュエーションとしては夕食後、年越し蕎麦を食べた後ですね。

リビングでコタツを囲みながら家族でくつろいでいるシーンを想像して下さいね。

スポンサーリンク

よくある大晦日の過ごし方

おそらく昭和40年代から変わらないパターンだと思います。

大晦日はテレビを観て過ごす

大晦日 テレビ

夕食後しばらくして「紅白歌合戦」が始まります。昔は好きなアイドルやアーティストが出てることもあって必ず紅白を観ていましたね。番組の最後にサブちゃんが歌うと「あぁ・・・今年も終わるんだな」としみじみとしたものです。※近年は惰性で観てるって感じですね(汗)面白い特番があったらそれ観るかも。

アニメの特番があったら子供優先になってしまうと思います。

そして年が変わる1時間前くらいから始まる「行くとし来るとし」を観て本年を締めくくります。このタイミングで年越し蕎麦を食べる方もいるでしょうね。

大晦日はゲームをして過ごす

大晦日でゲームをするなら家族で楽しめるボードゲームが楽しめると思います。昔はトランプやボードゲームしていましたね。大人は「花札」やってました。今でこそゲームはビデオゲームが主流ですが、そのようなゲーム類は子供には禁止にしているご家庭もあるでしょう。

現代でも家族で楽しめるアナログゲームはトランプやボードゲームがおすすめです。

ボードゲーム

大晦日 ボードゲーム

ボードゲームは有名どこで「人生ゲーム」、理解できるなら「将棋」ですね。小学生でも将棋を覚えている子が最近多いです。人生ゲームは昔も今も楽しめます。

トランプ

大晦日 トランプ

トランプ一つで「ババ抜き」や「神経衰弱」など簡単なルールで誰でも楽しめます。昔は大晦日には必ず一回は遊んでいましたね。

早く寝てしまう

大晦日 初日の出

除夜の鐘が鳴る前に寝てしまうときもありました。それは「初日の出」を見て「初詣」に行くためです。日の出の1~2時間前に早起きして「初日の出スポット」に行くためです。※初日の出は行きたい人だけ行くという感じでしたが。日の出を見た後、家に帰って初詣に行くというスケジュールでした(汗)

まとめ

家族で過ごす大晦日(インドア)は「テレビ」と「ゲーム」くらいかな・・・と思います。テレビみててゲームしたくなったら遊んで、飽きたらテレビのように。お菓子をボリボリ食べつつ除夜の鐘を待つのが、大晦日の過ごし方のだいご味です。

スポンサーリンク

シェアする