お年玉小学生 金額の相場 親戚と話し合うポイント

気がつけば今年も、もう年末。慌しくクリスマスが過ぎれば、すぐにお正月がやってくるね!お正月といえば、子供達が楽しみにしてるお年玉☆

ウチのチビ達、小学生1年から3年だけど『今度のお正月のお年玉で何を買おうかなぁ~』なんて楽しみにしてるのかも?※確か私も物欲(!?)を意識し始めたのは小3くらいだったと思う(汗)

お年玉

さて、お年玉とは言うまでもなく『お正月に親や親戚の人から子供に与えられる金額』であるよね。うち等が、お年玉を渡し始めるのは『小学生に上がってから』にしてるんだ。

お年玉の金額の相場などは、予めきょうだいの間で取り決め(ルール)を決めてたんだよ。幸い、夫の兄弟の奥様方とも、さらりと話ができたのはよかったかも(汗)

小学生の低学年から一人5000円や一万円も包んでたら後々、負担額が苦しくなっちゃうからね・・・。※親族間でお年玉の金額の差があるのは避けたいし。今回は、若いお母さんが気になるであろう、お年玉の金額相場や、いつから始めるかなどメモ代わりに残してみたよ。

スポンサーリンク

お年玉の相場、小学生から始める理由

まずは、お年玉の相場の話から!実はお年玉の金額(相場)は決まったものは無いんだよ!家によっては万札が何枚か入ってたり何歳になっても定額1000円だったりと実に様々なケースがあるんだ。

ただ子供の目線で考えると『学級が上がるにつれ、お年玉の額がいくら上がるのだろう?』と正月を楽しみにいているだろうから、その思いは外したくない!

・・・と言うわけで、うちでは「年齢に応じて金額がアップ」、且つ「親が負担にならない金額」を踏まえて考えた結果、次のような相場で決めたんだよ。

【これが、うちらのお年玉の相場】

  • 小学校 低学年 2000円
  • 小学校 低学年 3000円
  • 中学校 4000円(or 5000円)
  • 高校生 5000円(or 6000円~8000円)

中学・高校では我家の状況をみて少し金額をアップするかもしれないけど、お年玉の相場としては、この位だと思うな。

子供さんが多い家庭へのお年玉は?

↓例えば、こんなケース。

『お義兄さんのとこは一人なのに我が家は4人。お義兄さんの出費額が多くなっちゃいそうで申し訳ない・・・。合計額が揃うよう申し出たほうがいいかしら?』

子供が多い側の親としたら相手方の負担にならぬよう、お互いの合計額が一緒になるよう申し出てみるのもいいかもしれないね。※ここは配慮の気持ちが大切かも。

なぜ小学生からスタートするの?

これは『8歳頃からお礼を自分で言える年齢』になってくると思うのね。だから時期的に小学生に上がった年が丁度いいかな~て思ったのよね。

【私はこのように躾けられた】

  1. 子供がお礼をし、親に報告す。(お年玉を預かる)
  2. 親がお礼を言う。

このように、お年玉の開始時期や親戚間でお年玉の負担額の差が出ないように、可能なら予め親戚同士で話し合っておくことをオススメするよ。

親戚のお嫁さん同士で相談する内容

お年玉について話題に上がるであろうトピックを、あげてみたよ。

普段、お付き合いのない旦那の兄弟のお嫁さんと話がつきにくかったら、旦那の兄弟同士で話すよう仕向けると案外スムーズにいくかもよ(汗)

お年玉を開始する時期

先ほど話したけどお年玉を始める基準として『本人がお礼を言える年齢』がポイントになるって言ったよね。

もし赤ちゃんから始めるか、迷ってるなら開始時期を相談(提案)してみるといいよ。あと、いつまでお年玉をするか(何歳までか)話し合っておくといいね(まぁ先の話だけど)

高校卒業したら就職する者が出るだろうし、高校卒業したらお年玉も卒業という考えもあっていいかもよ。

お年玉の金額を上げるルールを決めておく

学年で上げるか、年齢で上げるか?子供の数で出費額に差が出ないようになど・・・。お互い負担にならぬよう金額を話し合っておくといいよ。

ここまでお年玉の相場やその他の話しをしたけど、たまに親戚同士で集まった時に、さらっとお話できたらいいね(汗)

【最後に】お年玉は新札で!お札の折り方にも注意!

せっかく、お正月なのだからシワシワの紙幣より、ピン札(新札)がもらった方も気分がいいよね。必ず新札に、という決まりはないけど、個人的には新札を用意してお年玉を包みたいね。

あと、お年玉袋に入れるときのお札、折り方があるので覚えておこう。

  • お札は三つ折、折り目をつけない程度に。
  • 左→右で折る(折り目つけない)
  • 逆さにならぬよう袋に入れる。

まぁ、なんて事ないね(汗)

カテゴリー:お正月

スポンサーリンク

シェアする