筋子の簡単ほぐし方!お湯でアニサキスを殺菌!?

今年は我が家でイクラ丼を作るぞ~生筋子から♪

いくら ほぐし方

・・・とやる気満々のところで、生筋子から卵をほぐす方法を紹介しちゃいます(ニコ)

目の前にデデーンと生筋子を見たところで、どのように料理したらいいんだ?・・・と悩んじゃうよね。

参考になる動画も見つけたので合わせて紹介するよ。

スポンサーリンク

筋子ほぐし方<動画>

生筋子(すじこ)のバラし方なんて知らない私・・・。

↓まずは見よう【動画】・・・言葉は要らない(汗)

塩とお湯で塩水を作ったボウルに生筋子を入れて、ほぐしている動画だよ。(卵を長い箸でホグホグ)

生筋子で簡単に自家製イクラを作る動画 – YouTube

筋子のほぐしに塩水を使ってる理由だけど、真水でほぐすとイクラが固くなり食後に殻が残ることがあるんだ。

うーん、これは覚えておこう。(・・メモメモ)

他に『網でほぐす』やら『泡だて器でほぐす』などあるけど、私はこの動画の方法でチャレンジしてみようかな☆

筋子の味付けは好みで

ザルで水切りしたいくらは醤油漬け・塩漬けと貴女の好みで味付けできる♪人気なのは『いくらの醤油漬け』

例えば、こんなレシピが♪

  • いくらの醤油漬け→いくら丼。握りの軍艦巻き。料理のプチアクセントに。お酒のお摘みに。
  • いくらの塩漬け→おにぎりに入れる?

私が目指す『いくら丼』は醤油漬けで作ってみたいのよね。

醤油漬けの味付けは醤油ベースに、薄味プリプリを狙うならお酒をプラス。または甘口を狙うならみりんをプラスするといい話。

まぁ、ここの味付けは好みがわかれてくるので、何個か作って本人好みの味に仕上げていくといいかも。

お湯でアニサキスを瞬殺!?

実は新鮮な生筋子には『アニサキス』がいるらしい。アニサキス線虫のようなヤツで、万が一に腹に入ったら食中毒になるよ。

一応目でその姿を確認できるようだけど、熱湯冷凍で抹殺できるから、生ものだし気をつけたいね。

いくらの食べ頃は?賞味期限いつまで?

いくらを醤油漬けした後は冷蔵庫で半日置いておくと食べれるようになる(ダシが行き渡る?)

食べ頃は2日以降なので1日は熟成させておくといいかもね。ただ5日以上となると食感も落ちるとの話。

個人的には賞味期限は衛生的に気になるし、3日以内に食べたいね。

最後に

筋子は11月末ごろにはお手頃な価格になってるかもしれない(かも)。師走を前に、いくら丼をリッチに堪能してみない?

お料理に関する記事はコチラ☆彡

カテゴリー:料理の知識

スポンサーリンク

シェアする