2017 2018 雪の予想はいかに

雪 予想 生活

10月も終わる頃になると、雪の情報が気になってきます。私は雪の少ない場所に住んでいますが、道路に雪がつもると困るわけです。というわけで2017年~2018年の雪の予想が気になるわけですね。

スポンサーリンク

2017年(~2018年)雪の予想

気象庁によると9月に3ヶ月予報で発表されるようです。2017年の夏はとても暑かったですし、暖冬でしょうか。

とりあえずtenki.jpより長期三ヶ月予報が出ました。広島出身なので中国地方を中心に今後三ヶ月予報を見てみましょう。

10月の天気と気温予想

全国的に天気は数日の周期で変わるでしょう。東・西日本では、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。北日本太平洋側と沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

気温:平年より高い

降水量:平年並

うーん10月、中国地方は晴れの日はあるけど、コロコロ天気が崩れて晴れの日が安定しないってことかな。 週末晴れたらいいな。

2017/10/18以降。突然冷え込んできました。

この秋一番の冷え込み 東京は今季初の一桁気温 31年ぶりの早さ – ウェザーニュース

つい先週まで朝夕は過ごしやすく昼間は初夏を思わせる日が続きましたが突然冷え込んできましたね。三か月予想では平年より高めな感じでしたが紅葉も早いかもしれないですね。※でも週末は台風がくる話ですが(汗)そして選挙の日!

11月の天気と気温予想

北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨または雪の日が多いでしょう。北日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。東日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。西日本日本海側では、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。東・西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、天気は数日の周期で変わり、期間の後半は平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。

気温:平年より高い

降水量:平年並

うーん11月、気温は平年より高いのか。広島の紅葉が遅れそうだな。晴れの日が多そうな予想なだけに思っちゃう。2017年の冬は暖冬かな。

2017/11/16頃から一気に冬が迫ってきました。

とくに18日(土)は低気圧が大陸から強い寒気を呼び込み19日(日)の早朝にかけて北日本から北陸~山陰にかけて雪が降ると予想されてます。

18日(土)は昼くらいから冷えてきたよ。

↓トップクラスの寒気がくるそうですよ。

明日19日(日)にかけて寒気襲来で積雪・吹雪に注意 交通に影響も – ウェザーニュース

中国山地でも標高の高いところでは雪が積もる可能性があるようです。中国やまなみ街道や国道54号線で山越えをする予定なら車の冬装備は必須ですね。雪道をノーマルタイヤで走破するのは無謀ですから。

広島県内のスキー場も人工雪等で徐々に開店準備に入ってるようですね。

11月オープンのスキー場

  • ユートピアサイオト・・・11/22

関連記事広島スキー場 初心者や子供おすすめ

12月の天気と気温予想

北・東日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。西日本日本海側では、平年に比べ曇りや雨または雪の日が多いでしょう。北日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。東・西日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。

気温:平年並

降水量:平年並

うーん12月、中国地方の太平洋側(瀬戸内海になるけど)気温も降水量も平年並てことかな。晴れの日が多そうだけど通常の冬かもしれない。※今後の情報待つ!
2017/12/5から西日本も雪が降り始めるようです!(中国山地)

12月の第2週から冷え込みが強くなってきましたね。12月4日の夜から西日本に寒気が流れ込んできて山間部で雪が積雪する可能性が大らしいです。南部は今のところ雪が降ることはないようですね。

2017年12月5日の午後8時ごろに初雪が降ってきたよ!

2018年 1月の天気と気温予想

「西日本で平年に比べ曇りや雪または雨の日が多いでしょう。」

実際どうだったの?

1月上旬

初日の出 広島 スポット

正月の三が日はわりと穏やか日々だったですが、正月の週が明けて9日に和が中国地方(広島)にも北部に大雪をもたらしました。庄原では朝は積雪0cmだったのに1日で40cm以上積もったのです。

この大雪をもたらしたのは今シーズン最強とされる寒波です。※この後、何度も聞く言葉となります。

この大雪は週末まで続きました。

1月下旬

22日~23日は南岸低気圧の通過で広島市でも雪が降りました。東京でも大寒波で大雪が降りましたね。週の中頃から週末にかけて過去最強クラスの寒波が襲来するとのことです。中国山地から山陰は大変な大雪になりそうですね。

2018年 2月の天気と気温予想

「西日本で平年に比べ曇りや雪または雨の日が多いでしょう。」

2018年 3月の天気と気温予想

「東・西日本では天気は数日の周期で変わりますが、東日本太平洋側では平年と同様に晴れの日が多く、西日本太平洋側では平年に比べ晴れの日が多いでしょう。」

では去年(2016年~2017年)を振り返ってみましょう。

2016年 雪の降雪はどうだったか

  • 2016 12月・・・北海道は平年なみ、東日本と西日本は1.2~1.4℃高い。
  • 2017 1月・・・北海道は平年なみ、東日本と西日本は0.4~0.5℃高い。
  • 2017 2月・・・北海道は1.1℃高い、東日本0.6℃高い、西日本は平年並み。

去年の冬は暖冬だったですね。平年より気温が高い日が続きました。本州のスキー場では雪が足りなくて2017年1月上旬でスキー場を滑走できる状況ではなかったですね。

2016~2017の冬の状況をみると、2017~2018年の冬も暖冬になる可能性がありますね。ただ近年のゲリラ豪雨でもあるとおり、局地的に雪が降るときもありました。私が住む中国山地でも、日本海側に記録的な大雪となりました。

雪の深さが2月で一位

  • 広島県庄原市高野・・・146cm
  • 広島県北広島市大朝・・・90cm

参考西日本の記録的な大雪のまとめ(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

2017年は局地的な豪雨が頻発しました。西日本では屋根の雪降ろしが必要な場所は少ないですが、このような異常天候が続くと、「さもありなん」と心配になりますね。

車の車体擦るほどの大雪降ったら困るよ。雪に慣れてないから大変。