バレンタインチョコの人気ブランド2018【7選】

バレンタインチョコ 人気ブランド バレンタイン
1月も終わりだね。そろそろバレンタインチョコ探し始めないと。今年も安定のゴディバかな。他もチェックしてみたい☆彡
 

日本でブランドチョコといえば『ゴディバ』を答える方も多いでしょう。言うまでなく全国的に有名な洋菓子店ですよね。広島にもイオン府中、三越広島、そごう広島など市内に限れば結構ありますから。

けれど去年と同じ定番のブランドチョコで今年も終わらすのも味気ないものです。そこでバレンタインチョコの人気ブランド【2018版】として情報をまとめました。

スポンサーリンク

2018バレンタインチョコの人気ブランド【目次】

バレンタインチョコ ブランド 何が好み

ブランドチョコの商品をそのまま紹介しても面白くないのでチョコの貰い手の気持ちになって探してみました。どのブランドチョコを見ても可愛い系お洒落な大人の落ち着いた系があります。

男性陣に聞くと何であれ頂いたものは嬉しいとの話でしたが、心情的には落ち着いた色、デザインが良いとの答えでした。

そこで落ち着いた系のブランドチョコで探してみました。

男性目線で「おっいいな~。」と思うパッケージ&チョコを集めてみたよ。

ゴディバのバレンタインチョコ

高級チョコレートといえば「ゴディバ」、バレンタインデーのチョコといえば「ゴディバ」というくらい世間に浸透している高級ブランドチョコです。

毎年バレンタインデーでお馴染みのゴディバのチョコですが、2018年度の数あるラインナップから次の商品をチョイスしてみました。

【男性が好みそうなチョコ】

ベルジアン フェイバリット アソートメント

キルト風の革のような高級感あるパッケージに、本国ベルギーで長く愛されているチョコレートを詰め合わせた商品です。2粒セット(972円)から16粒セットまで(6,480円)までラインナップされています。

2粒 972円(税込・送料別)~16粒 6,480円(税込・送料別)

高級チョコレートブランド一覧に戻る

モロゾフのバレンタインチョコ

神戸の洋菓子ブランドメーカーの一つであるモロゾフはチョコレート・ケーキ・プリンが人気です。バレンタインチョコでも人気ブランドの一つで、購入者の希望に合いそうな商品を多数展開しています。

数ある2018年のラインナップから2つの商品をチョイスしてみました。

【男性が好みそうなチョコ】

モロゾフ ヴェルジュール

黒にゴールドの文字で渋くまとめた黒の箱に、異なる味わいが楽しめる小さなショコラが入った商品です。

6個入 702円(税込・送料別)~16個入 1,296(税込・送料別)

レオン アンバサダー

シブめのゴールドを基調にした缶に、風味豊かなトリュフが入っている商品です。黒の専用バッグもお洒落です。

7個入 864円(税込・送料別)

高級チョコレートブランド一覧に戻る

ピエールマルコリーニのバレンタインチョコ

ベルギーを代表するショコラティエ「ピエール マルコリーニ」。日本の高級チョコブームの火付け役になったそうです。とてもカカオにこだわりをもっており、自分で仕入れて自身のチョコレートの味付け、風味を出していってるそうです。

職人肌を感じるマルコリーニのチョコですが、数ある2018年のラインナップから次の商品をチョイスしてみました。

【男性が好みそうなチョコ】

バレンタイン セレクション リミテッドエディション

ベルギーで愛と幸せの象徴とされる「タツノオトシゴ」とあしらったシルバーのお洒落なペンケース型の缶に、ピエールマルコリーニによるオリジナルクーベルチュールのチョコの詰め合わせです。

※オリジナルクーベルチュールとはマルコリーニによる味付け、香りづけなどでオリジナリティーを出しています。

5個入り 2,970円(税込・送料別)

高級チョコレートブランド一覧に戻る

ジャンポール エヴァンのバレンタインチョコ

フランス発アーティスト ショコラティエと称される「ジャンポール エヴァン」はとても研究熱心で常に新しいものを生み出し続けてきました。チョコレートの原料にこだわり自ら産地に足を運んだともされます。

ピエール マルコリーニと並んで日本の高級チョコレートの火付け役だったそうですよ。

数ある2018年のジャンポール エヴァン商品から、このチョコをチョイスしてみました。

【男性が好みそうなチョコ】

ボワットゥ ドール ショコラ

ゴールドを基調にしたお洒落な箱に、ジャンポール エヴァンのボンボン ショコラと季節限定のショコラを詰め合わせた商品です。

4個入 2,018円(税込・送料別)~12個入 4,936値段円(税込・送料別)

高級チョコレートブランド一覧に戻る

ロイズのバレンタインチョコ

日本発の生チョコブランドといえば「ロイズ」です。味、舌触り、口どけの感触には定評があるそうです。※北海道の上質な生クリームをふんだんに使用。

数ある2018年ロイズの商品から、このチョコをチョイスしてみました。

【男性が好みそうなチョコ】

生チョコレート[オーレ](ウインターパッケージ)

ロイズの生チョコを代表する商品で、ミルクチョコと北海道産の生クリームが、なめらかな食感を楽しめるようです。※洋酒の風味も。

紺を基調にした箱に雪の結晶をあしらった絵が描かれて、シックにまとめられています。

1個 778円(税込・送料別)

高級チョコレートブランド一覧に戻る

デルレイのバレンタインチョコ

デルレイはベルギーチョコレートの伝統を受け継ぐ老舗の高級チョコ店です。ダイヤモンドをモチーフにしたチョコが特徴で、様々な素材を使ったショコラの他、マカロンなど洋菓子も販売しています。

2018年デルレイの数ある商品の中からチョイスしてみました。

【男性が好みそうなチョコ】

デルレイセレクション

濃いめのブラウンを基調とした上蓋、薄いゴールドのリボンでまとめたお洒落な箱に、ダイヤモンドショコラとハートショコラを詰め合わせた商品です。

2個入り 1,080円(税込・送料別)~18個入り 8,100円(税込・送料別)

高級チョコレートブランド一覧に戻る

メリーのバレンタインチョコ

東京で昭和25年から続く老舗メリーチョコレートは、日本式のバレンタイン文化を広めたとされます。

メリーには「トーキョーチョコレート」「サロンデュショコラ」などブランドがありますが、男性に贈るバレンタインチョコにいいと思ったのは次のチョコです。※2018年の商品群から。

【男性が好みそうなチョコ】

奏(かなで)

奏(かなで)は国産素材と世界が認めた技術で作られたチョコを、紺と黒を基調にした箱にチョコがおさめられています。上品でシックな感じです。

15個入 1,620円(税込・送料別)~24個入 2,592円(税込・送料別)

高級チョコレートブランド一覧に戻る

まとめ

男性目線でブランドチョコを探してみました。まぁ、自前でラッピングすれば見た目だけは変えれますよね。自分用にチョコ買ったら思いのほか美味しかった。ファンシーすぎるけど彼にプレゼントしようと思ったら自前でラッピングするのもありですよ。

以上です。良かったら参考にして下さいね。

関連記事

<チョコを作る>

<チョコを作らない>

<チョコを渡す>

<イベント>

バレンタイン2018のトレンド【まとめ】・・・2018年バレンタインのトレンド情報をまとめた記事です。