ワインのコルクの開け方!失敗した時の対処は?

初めてワインを買って帰ったとき、我が家にコルク抜きが無かったことに気がづいて慌てて買いに行った経験ない?

手で抜けるかな・・・と思ったけど全然、手で抜けるもんじゃない(汗)

ワイン 横置き

無駄な力を使うことなくワインのコルク栓が抜ける『ソムリエナイフ』と『ワインオープナー』があるんだよ。

私は「ソムリエナイフ」にしてみたんだけど、最初はナイフに慣れてなくてコルク栓が中々抜けなかったなぁ(汗)

今回はソムリエナイフにスポットを当ててワインの開け方、そしてコルク抜きで失敗した時のケア方法を紹介するよ。

スポンサーリンク

ワイン(コルク栓)の開け方

それではワイン開けに欠かせないソムリエナイフでワインを開ける方法を説明するね。

まずワインの瓶はテーブルに置いてコルクを抜こう。瓶をテーブルで支持して力を入れないと失敗するかもしれないからね。

じゃ、本題に行こう!言葉より、まず動画を♪ソムリエナイフや手の持って行き方など参考になるから今すぐ視聴しよう!

  1. キャップシールをナイフでカット。キャップのベルトの下部分をカットしよう。
  2. ナプキンで瓶口を拭こう。
  3. スクリューを出してコルクに真っ直ぐ差し込もう。スクリューを斜め45度くらいにして先が真っ直ぐ入るように。※スクリューの螺旋の2段目くらいまで。
  4. ソムリエナイフのテコの部分を起こして瓶口にかける。ソムリエナイフを上に引っぱる。
  5. スクリューを一回転ねじ込もう。
  6. そしてまたテコで引き上げよう。
  7. コルクが抜ける寸前でテコを止めて手で引っこ抜こう。
  8. ナプキンで瓶口を拭こう。

コルクはテコの原理で引き抜く感じ。ここは慎重にしないと、コルクが途中で崩れるので気をつけようね。

スクリューを刺す部分とテコの使い方は要チェックだよ!

ワイン開けに失敗した時の対処

ワインのコルク抜きの動画をチェックしても最初は慣れないので、失敗することはあると思うのだよね(汗)

例えば、コルク栓が全く抜けない、またはスクリューが斜めに入ってて途中でコルク栓がもげたりと。

そんな時は次の対処法を試してみるといいよ。

コルクが抜けない時

これはワインの瓶を縦置きしてるからコルクが乾いて抜けにくくなってるのだよ。まず、開ける前にワインボトルを横にして、しばらく置いておこう。※30分から1時間くらい。

コルクが割れて残った場合

最悪なのがコルクが割れて瓶の奥に残ってしまうこと。スクリューをコルクが貫通するまで完全に押し込んでみよう。それで引き抜けるはず。

どうしても抜けない<最後の手段>

引いてもダメならコルクを瓶の中に落としてしまおう。

えぇ!コルクがワインに漬かっても大丈夫なの?と思っちゃうけどコルクって栓してる時はワインに触れてるよね。

だから大丈夫だよ。

【うんちく】

コルクは天然の樫の木を、剥がして作ってるんだよ☆

もしコルクの破片が入っちゃたら?

ワインを開けている時や、栓を押し込んだ時に瓶の中にコルクの破片が入ってワインをグラスに注ぐと破片が浮いてる・・・なんて事があるんだよね。

そんな時は茶こしやコーヒーフィルターを使ってワインを注ぐといいよ。コルク片を取り除けるからね。

最後に

ワインのコルク栓の開け方を一通り解説したけど、どうだったかな。予めワインの瓶を横にしてコルク栓を湿らせておくのは効果ありそうだね。

それからワインを楽しむならソムリエナイフは揃えておきたいね。あまり高いのは買えないけれどワインキャップが切りやすく(ナイフが大きいもの)、瓶口にテコをかけやすいもの(テコが2段のもの)、コルク栓にスクリューが刺しやすいものをチョイスしたいね。

ワインの開け方、参考にしてね。

スポンサーリンク

シェアする